MENU

WordPressで新サイト(ブログ)を開設するまでの超具体的な手順まとめ!


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20171104195617j:plain

どーも、ばっちょ(@BACHO_malti)です。

知り合いや友人にブログの話をすると「ブログってどうやって始めるの?」「ブログ開設するの難しそう…」という声がよく返ってきます。

ちょうど僕も新サイトを立ち上げたのでいい機会です。

一人一人教えているとめちゃくちゃ時間が掛かってしまうので、記事としてここに体系化しておく事にしました。

ばっちょ
ばっちょ

この記事の手順に従っていけば、誰でも簡単にWordPressでブログを開設できます。

画像付きで丁寧に解説しましたよ!

この記事には続編がありますので、この記事を読み終えたら以下の続編も合わせて読むことをおすすめします。記事末にもあるので、まずは読み進めて大丈夫です!

この記事の続編

 

 

大まかな全体の流れまとめ

最初に、やること全体の大まかな流れをつかんでおきましょう。

  1. レンタルサーバーを借りる
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを紐付ける
  4. WordPressをインストールする
  5. 「テーマ」のダウンロードとアップロード

この5つをこなせば、すぐにでも記事を書き始めることができます!

「サーバー」というのは、インターネット上に公開する自分のサイトの土台だと思えばいいでしょう。

「ドメイン」は、インターネット上のどこに自分のサイトがあるのか判別するための住所みたいなもの。

このサーバーとドメインの2つがないとサイト(ブログ)は開設することができません。

家を建てる時に、そもそも土地がなければいけないのと一緒です!

ちなみに、時間が掛かってしまうのがおそらく、2の取得するドメイン名を考えることと、5のWordPressのテーマ選びだと思います。

ばっちょ
ばっちょ

そこさえスムーズに行けば、かなり早い人なら1時間ほどでブログを開設できると思います。

 

ブログ運営に掛かる費用は?

ついでに、よく質問がある「ブログ運営にどれくらいのお金が掛かるのか」について触れておきます。

WordPressでブログを開設する上で、お金が掛かるのは基本的に以下の3点だけ。

  • サーバーのレンタル
  • ドメインの取得
  • WordPressの有料テーマ(任意)

まずサーバーレンタルは1年間で15000円ほど。つまり月額換算すると1250円ほど。これは1年分・半年分・3ヶ月分などと更新期間を自由に選べます。

ドメインは超安くて、年額1000〜1500円くらいが相場です。ただ、安いのであれば年額99円とかもあります(笑)

最後のWordPressの有料テーマは、欲しい人だけ買えばいいので任意ですね。無料テーマもたくさんあるので、お金を払いたくない人は買う必要はありません。

買うのは一度きりなので、毎年お金を取られるということはありません。

もちろん有料テーマは有料なだけあって、ど素人でも最初からめちゃくちゃ機能が豊富で超おしゃれなサイトを作れたりするので、価値は十分ありますよ。

ばっちょ
ばっちょ

まとめ:ブログ運営には最低でも年額16000円ほど!

有料テーマを買う人はそれプラス7000〜10000円くらいです!

 

レンタルサーバーを借りよう

まずは、以下の手順に従ってサーバーを借りましょう。

レンタルするサーバーは「エックスサーバー 」を利用したいと思います。大手なので安心してください。

他にもサーバーを借りるサービスは色々ありますが、以下の理由から僕はエックスサーバーをオススメします。

  • 大手ゆえの安定性
  • サイト「SSL化」が無料
  • 十分なデータ容量
  • サイト表示速度が早い
  • WordPressの自動インストール有り
  • その他も多機能

エックスサーバー

上に書いた項目を見ても全然わからないかもしれませんが、とにかくエックスサーバーがおすすめなんです!

 

f:id:shibaccho:20171104151613j:plain

エックスサーバー 」にアクセスしたら、上画像のように申し込み欄がいくつかあるので、どこでもいいのでクリックしましょう。

 

f:id:shibaccho:20171103174215j:plain

申し込みフォームに移ったら、「サーバー新規申し込み」に進みます。

 

f:id:shibaccho:20171104151900j:plain

次に、必要事項を入力していきましょう。

「サーバーID」は好きなわかりやすいアルファベットを入力しておけばオッケーです。

「プラン」は一番安い「X10スタンダード」を選んでおきましょう。なぜなら、プランは後からグレードアップはできますが、グレードダウンはできないからです。

全て入力し終えたら、「申し込み内容の確認」を押して、次に進みます。

 

f:id:shibaccho:20171104150720j:plain

内容を確認して誤りがなければ「お申し込みをする」を押しましょう。

 

f:id:shibaccho:20171104152530j:plain

この画面に移ればサーバーのレンタルは完了です!

続いて、登録したメールアドレスに完了メールが届くので、そこに書いてある項目をしっかりと保管しておきましょう。

会員ID、インフォパネルパスワード、サーバーID、サーバーパスワード、サーバー番号などですね。

「インフォパネル」というのはエックスサーバー上の自分だけの管理画面です。よくある「マイページ」と同じだと考えればいいです。

 

f:id:shibaccho:20171104153506j:plain

あと料金の支払い方法をしっかりと指定しておきたいので、インフォパネルに進みましょう。

 

f:id:shibaccho:20171104153842j:plain

左の一覧から「料金のお支払い」 に進み、契約したサーバーの横のチェックボックスにチェックを入れます。

右下の「更新期間」から好きな期間を選んで、その横の「お支払い方法を選択する」をクリックしましょう。

f:id:shibaccho:20171104154603j:plain

ちなみにプラン「X10」であれば、支払額はこんな感じですね。契約更新期間を長くすればするほど安くなっていきます。

あとは「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニ」「ペイジー」からお好みの支払い方法を選んで、必要事項を入力するだけですね。

サーバーに関しては以上です!簡単でしょう?

エックスサーバー

 

独自ドメインを取得しよう

次にやることは独自ドメインの取得。これも簡単!

例えば、僕のこのブログの独自ドメインは「shibaccho.com」になります。

この独自ドメインの取得ですが、サーバーと同時に取得することをおすすめします!

エックスサーバーでドメインを取得すると、「お名前.com 」など他のドメインサービスで取得するよりも数百円だけ高いです。

しかしその分、初心者の方にとっては面倒な設定を省くことができるので、この数百円は手間賃だと思えばいいでしょう。

ちなみにこの独自ドメインはただの文字列なので、どのサービスで取得しても何ら変わりありません。

なのでエックスサーバーでサクッと独自ドメインもとってしまいましょう!

 

f:id:shibaccho:20171104161035j:plain

まずは先ほど同様にエックスサーバーのインフォパネルにログインして、左の一覧から「追加のお申し込み」に進みます。

利用規約に同意を求められるでの同意して進みます。次に「ドメイン」の横の「新規取得」に進みます。

 

f:id:shibaccho:20171104161634j:plain

ここで、独自ドメイン欄に取得したいアルファベットの文字列を入力します。

「com」「net」「info」など種類が色々ありますが、これも特に変わりないので好きなものを選べばいいでしょう。

まあ「com」が無難ですね。以下、「com」で取得したと想定して進めていきます。

※一度取得したドメインは、取得後に文字列を変更することは不可能なので、よく考えて取得しましょう!

例えば、この僕のブログのように記事のジャンルを絞らない「雑記ブログ」を運営するのであれば、自分の名前やニックネームをドメインにしておけば、ブログタイトルを変更しても何ら違和感がないので無難です。

取得したいドメインが決まれば、「〇〇〇.comを申し込む」ボタンをクリックして確認画面に進みます。

あとは「お申し込み内容の確認」をすれば、独自ドメインの取得は完了です!

 

サーバーと独自ドメインを紐付けよう

サーバーのレンタルと独自ドメインの取得ができたら、次はその2つを紐付けないといけません。

 

f:id:shibaccho:20171104164844j:plain

エックスサーバーのインフォパネルにログインして左の一覧から「契約情報」に進み、サーバーパネルという所にログインします。

 

f:id:shibaccho:20171104164924j:plain

すると右の方に「ドメイン設定」という欄があるのでクリック。

 

f:id:shibaccho:20171104165003j:plain

さらに「ドメイン設定の追加」に進んで、自分が先ほど取得した独自ドメインを入力するだけです。

「無料独自SSLを利用する」には必ずチェックを入れておきましょう。サーバーに「エックスサーバー」を選んだのは、この「SSL化」が無料でできるからです。

これで、サーバーとドメインの紐付け作業は完了です!

サーバーとドメインを取得したことによって、ブログを開設ための土台が出来上がった状態です。

 

f:id:shibaccho:20171104165037j:plain

試しに、あなたが取得したドメイン(https://www.〇〇〇.com)を検索窓に入れてみると上の画像のような画面になると思います。

こうなっていればオッケーです。

 

WordPressをインストールしよう

土台が出来上がったので、次はその上にブログを立ち上げます。

 

f:id:shibaccho:20171104164844j:plain

先ほどと同じくエックスサーバーのインフォパネルにいき、「契約情報」の「サーバーパネル」にログインします。

 

f:id:shibaccho:20171104170935j:plain

サーバーパネルを少し下にスクロールすると「自動インストール」という項目あるのでクリック。

 

f:id:shibaccho:20171104171018j:plain

ドメイン選択画面になるので、先ほど取得した独自ドメインの「選択する」をクリック。

 

f:id:shibaccho:20171104171124j:plain

次に右側の「プログラムのインストール」を選択して、「ワードプレス日本語版」の「インストール設定」ボタンを押して進みましょう。

 

f:id:shibaccho:20171104171516j:plain

必要項目を順番に埋めていきます。

赤く囲んだ「ユーザーID」は後から変更できないので注意しましょう。

 

f:id:shibaccho:20171104171732j:plain

全て入力できたら、右下の「インストール(確認)」ボタンを押して進みましょう。

 

f:id:shibaccho:20171104171905j:plain

内容に問題がなければ「インストール(確定)」を押せば完了です。

 

f:id:shibaccho:20171104172015j:plain

上のような画面が表示されるので、IDやパスワードはしっかりと保管しておきましょう!

ばっちょ
ばっちょ

お疲れ様でした。これであなたのブログが開設されました!

この段階で 記事を書いてネットにアップすることが可能です。

が、WordPressにはブログ全体のデザインなどを決める「テーマ」が山ほど用意されているので、そのテーマの導入方法を以下で見てきましょう。

 

好きな「テーマ」を自分のブログに反映させよう

テーマには無料・有料とあって、どちらもたくさん種類が用意されています。数多い中からテーマを決めるのも結構楽しいですよ。

ではまずは、WordPressのダッシュボードを開きましょう。

 

f:id:shibaccho:20171104180010j:plain

左の一覧から「外観」→「テーマ」と進みます。

 

f:id:shibaccho:20171104180110j:plain

次に「新規追加」ボタンを押します。

 

f:id:shibaccho:20171104180720j:plain

気になるテーマが見つかればプレビュー(デモサイト)を見ることもできますし、インストールボタンを押せば即インストールが開始されます。

 

f:id:shibaccho:20171104181159j:plain

インストールが終われば、先ほどまで「インストール」だったボタンが「有効化」に変わります。

この「有効化」ボタンを押せば自分のブログにこのテーマが反映されることになります。

 

テーマ選びのポイントは? 

ブログ初心者がテーマ選びで失敗しないためには、次の2点を必ず押さえましょう。

  • ネット上にそのテーマのカスタマイズ記事が多数アップされている
  • カスタマイズの柔軟性が高い

例えば、ブロガーに人気で初心者におすすめのテーマといえば、WordPressテーマ「ストーク」 が有名です。

有料で10800円しますが、究極の「ブロガー専用テーマ」を目指して作られたもので、利用している人からは賞賛の嵐です。

「ストーク」なら、ネットで「ストーク カスタマイズ」などと検索すればかなり色々なカスタマイズの記事が出てくるのもオススメできる点ですね。

ストークの主な特徴をまとめると

  • 有名テーマだから情報が豊富
  • デザインはシンプルだけど本格的
  • 初心者には超おすすめ
  • 圧倒的スマホファーストで読みやすい・使いやすいサイトに
  • 記事編集がしやすい
  • テーマ編集に時間をかけず、すぐにでも記事執筆に時間を割ける

テーマ選ぶの面倒くさい!自分でカスタマイズなんか絶対無理!という人は「ストーク」を選べばまず間違い無いでしょう!

WordPressテーマ「ストーク」

 

ストークなどのある種のテーマは、先ほど上で説明したようなWordPress上の検索では出てきません。

なので公式ページからいったんPCにダウンロードして、そのあとWordPressにアップロードする必要があります。

f:id:shibaccho:20171104192310j:plain

アップロードは簡単で「外観」→「テーマ」に進み、「データのアップロード」ボタンを押します。

「ファイルを選択」で公式ページからダウンロードしたファイルを選択すればオッケーです。

そのあと「有効化」ボタンを押せばブログにテーマが反映されます。

「ストーク」以外にも、「SANGO」「Simplicity」「Luxeritas」なども人気で有名なテーマです。

ちなみに、僕がもしこれから雑記ブログを始めるなら、おそらく「ストーク」か「SANGO」のどちらかを購入すると思います(笑)

【2017年版】おすすめのWordPressテーマ51選:無料と有料まとめて紹介」のような記事がネットにはたくさんアップされているので、好みのテーマを探してみましょう!

 

以上ですが、この記事の続編もありますので合わせて読むことをおすすめします!

この記事の続編

 

おわりに

どうでしょう、無事にブログを開設して好みのテーマを反させることができたでしょうか?

ワードプレスは、デザインをカスタマイズするのは初心者には難しいですが、数あるテーマをそのまま使うのであれば初心者でも簡単に運営することができます。

ブログサービスは他にも色々有りますが、どうせやるならワードプレスを体験することを強くおすすめしておきます!

何と言っても勉強になるし、本格的なサイトが簡単に作れるので楽しい!

ばっちょ
ばっちょ

この記事を読んで何か不明点などあれば、気軽に連絡ください!