読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ワイルド・スピードMEGA MAX(2011年)あらすじ・見所・感想




スポンサードリンク



この記事をシェアする

f:id:shibaccho:20160830004820j:plain

 引用先:http://response.jp/article/img/2011/08/11/160827/355440.html

今回はワイルド・スピード全作品を延べ数40回以上は観た自分が、ワイルド・スピードMEGA MAX(5作目)を紹介したいと思います。

自分はこのMEGA MAXを観てから、ワイルド・スピードに非常に興味を持ち、大好きになりました。この映画はそれだけかっこいいんです!

なんと言ってもFBIのホブス捜査官(上画像の左のマッチョ)がカッコよすぎる!!!

 

【ネタバレ注意】

まだワイスピを観たことがない、これから観るという方へ。この記事はネタバレ要素を含んでおりますので、内容を知りたくないという方、回れ右です。

 

 

まず初めに

この作品は作られた順番で言えば5作目ですが、ワイルド・スピードの世界の時系列でいうと、4番目です。物語は4作目のワイルド・スピードMAXの続きとなっています。そして更に、このMEGA MAXの続きがEURO MISSIONとなります。

 

時系列でみたワイルド・スピードの作品順⇩

  1. ワイルド・スピード(1作目)
  2. ワイルド・スピードX2(2作目)
  3. ワイルド・スピード MAX(4作目)
  4. ワイルド・スピード MEGA MAX(5作目)☜ここです
  5. ワイルド・スピード EURO MISSION(6作目)
  6. ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT(3作目)
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION(7作目)
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK(8作目)

 

主な登場人物の紹介

ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)

f:id:shibaccho:20170516183543j:plain

引用先:ヴィン・ディーゼル - Wikipedia

愛称:ドム この作品ではブライアンではなく、明らかにドムが重要な役割を果たしており、主人公としての位置付けがなされている。前作で警察に捕まり25年の服役刑に処されたが、刑務所までの輸送中にブライアン達の協力によって脱獄、逃亡する。

 

ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)

f:id:shibaccho:20170516184327j:plain

引用先:ポール・ウォーカー - Wikipedia

ワイスピの主要キャスト。前作で麻薬密輸組織のボスであるブラガをドムとともに逮捕したにも関わらず、ドムが懲役25年の服役刑に処された事に腹を立て、FBI捜査官という職を捨てドムを逃亡させる。国際指名手配され、追う立場から追われる立場へ。また、恋人であるミアが妊娠したことを受け、今回の最後の大仕事を終えた後は、犯罪者という立場から足を洗い、姿を消してミアたちと平凡に暮らす事を決意する。

 

ミア・トレット(ジョーダナ・ブリュースター)

f:id:shibaccho:20170516184343j:plain

引用先:ジョーダナ・ブリュースター - Wikipedia

ドムの妹。ブライアンの恋人。ドムの逃亡にも協力したため、彼らと同じく国際指名手配されている。物語の最初の方で、妊娠が発覚する。ブライアンと子供と、静かな生活をする事を望んでいる。

 

ハン(サン・カン)

f:id:shibaccho:20170516184355j:plain

引用先:サン・カン - Wikipedia

前作の冒頭で、ドム達と石油トレーラーを強奪していたことから、その時の仲間という設定、と推測するのが妥当であろう。この作品では、特に重要という役柄を与えられているわけではない。話の展開とともに、ジゼルに好意を寄せていく。

 

ローマン・ピアース(タイリース・ギブソン)

f:id:shibaccho:20170516184412j:plain

引用先:タイリース・ギブソン - Wikipedia

愛称:ローム ワイスピX2ではブライアンの相棒として出演していた、ブライアンのガキの頃からの友人。ペテン師、ウソ・口が上手いやつとしてブライアンに呼び出された。この作品のメンバーの中ではムードメーカー。

 

ジゼル(ガル・ガドット)

f:id:shibaccho:20170516184420j:plain

引用先:ガル・ガドット - Wikipedia

前作で、麻薬密輸組織のボスであるブラガの部下として動いていたが、途中でドムの人間性に惹かれ、ブラガを裏切ってドム達に寝返った。この作品では何でも屋として招集されるが、“女”であることを武器・強みにして活躍する。

 

テズ(リュダクリス)

ブライアンの古くからの知り合い。マイアミでカーレースや水上レースを仕切っていた。その他にもあらゆる商売に手を広げていたため、電子機器などのあらゆる情報に詳しい。車をいじるのがとても好き。

 

ヴィンス(マット・シュルツ)

ドミニクの子供の頃からの友人。ファミリー。妻と子供がいるが、物語の中盤での銃撃戦において、敵対するレイエスの部下の流れ弾をくらい・・・・。

 

ホブス(ドウェイン・ジョンソン)

f:id:shibaccho:20170516184429j:plain

引用先:ドウェイン・ジョンソン - Wikipedia

FBI外交保安部 特別捜査班のTOP。FBIは外国において指名手配者を追うときは、いつもホブスに任せている。ホブスに狙われた犯罪者は確実に捕まる、と言われているほどの凄腕。元FBI捜査官のブライアンもホブスの事は知っており、ブライアンいわく「執念深く、怒りに燃える男」

 

エレナ(エルサ・パタキー)≪武井咲が吹き替え!!≫

新米警官だが、ホブスの部下として起用される。理由は「笑顔が素敵だから。」

 

レイエス(ホアキン・デ・アルメイダ)

今作でドムやブライアンの敵対する人物。リオ・デ・ジャネイロにおいてかなりの権力者。その力は警察本部にまで及んでいる。リオで彼に逆らう者など居ないというほど。

 

あらすじ

前回の作品ワイルド・スピードMAXの最後で、ドミニク・トレット(ドム)が逮捕され、25年の服役刑に処されロンポック刑務所に輸送されるのだが、この作品はその続きから始まる。

ブライアンとミアたちは、警察車両によって輸送されているドムを脱獄させ、3人は国際指名手配されることに。

3人はリオデジャネイロに住む旧友のヴィンスを訪れ、彼に「仕事」を持ちかけられたことから物語は大きくウネリを上げる。

その仕事をきっかけに、リオデジャネイロで絶大な権力を保持している悪徳実業家レイエスを敵に回すことになってしまったファミリーたち。

果たして旧友ヴィンスは敵か?味方か?

さらにミアにブライアンとの子供が身篭ったことを知り、ドムとブライアンは「最後の大仕事」としてレイエスの闇金1億ドルを奪い姿を消して自由に生きることを誓う。

FBIの捜査も本格し、レイエスとFBI特別捜査官ホブズ両方を相手にするため、世界中からファミリーが集結する。

警察内部にまでその権力が波及しているレイエス、FBIトップのホブズとどのように対峙していくのか?

思いもよらぬ展開と共に強力な”仲間”を得たドムたちファミリーは、レイエスから大金を奪い、自由を手にすることができるのだろうか?

 

ワイルド・スピードEURO MISSIONの伏線

映画の最後の最後では、ホブスの元にモニカ(ワイスピ2作目で、ベローンの元に潜入捜査していた人物)がやってきて、ベルリンで起きたハイジャック事件の犯人の資料を渡す。

なんとそこには、ドムの元恋人であり、前作のワイルド・スピードMAXで殺されたとされている、レティの姿が映っていた・・・。

 

 映画の見どころ

はっきり言って、内容がかなり濃いため、見どころが有りすぎます。というか、大事なシーンばかりです。ですから、個人的に特筆したい好きな2か所だけ抜粋します。

少々ネタバレします。

 

警察車両でカーレース

映画の中盤、ドム、ブライアン、ハン、ロームの4人で、夜中に警察車両を盗みに行くシーン。

車を盗んだ後、真夜中の大通りで、1人100万ドルをかけて直線のカーレースを始める。4人とも接戦だったが最後はドムとブライアンの一騎打ちになり、今までドムに勝ったことがなかったブライアンが僅差で勝利。

ブライアンは実力でドムに勝ったと思って喜んでいたが、実はレースの最後の最後でドムはアクセルを緩めた。

なぜかというと、ミアは妊娠しており、ブライアンが父親になる事を祝ってのことだった。ドムの優しい一面です。

 

金庫強奪後のカーレース

ドムとブライアンが2台の車で金庫を引っ張りながら暴れまわるシーン。

見事なコンビネーションで敵をぶちのめしていきます。ドムとブライアンという2人だったから出来た技と言っていいでしょう。

逃げ回りながら街中を破壊しまくっていくのですが、もし現実世界でこんなことが起きれば、確実に数十人から数百人の死傷者が出ているであろう暴れ方。

ですが、映画で見るそれは、非常に痛快です。自分はこのシーンを見ている時はいつも「うぇーい!」「ふぅうー!」とか1人で言ってテンション上がってます。

 

以上でMEGA MAXの紹介を終わります。

 

ワイルドスピード過去作を観たいなら!

「ワイルドスピードの過去作を観たくなった!」「映画が好きだからいっぱい観たい!」という方には「dTV」をおすすめします。

dTV なら月額たったの500円という驚きの安さで、12万作品もの映画やアニメ・ドラマ・ライブ映像が見放題です。

ワイルドスピードシリーズなら、1〜6作目まで見放題です!

今なら31日間無料お試しもできますので、まだ試したことのない人は絶対に試すべき。ぼくも毎日のように利用していますが超便利ですよ。

dTV