読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ワイルド・スピードMAX(2009年)あらすじ・見所・感想




スポンサードリンク



この記事をシェアする

f:id:shibaccho:20170302174722j:plain

今回はワイルド・スピード全作品を、延べ数40回以上は観た自分が、ワイルド・スピードMAX(4作目)を結末までがっつり紹介したいと思います。

まだワイスピを観たことがない、これから観るという方へ。この記事はネタバレ要素を含んでおりますので、内容を知りたくないという方、回れ右です。

 

 

まず初めに

この作品は作られた順番で言えば4作目ですが、ワイルド・スピードの世界の時系列でいうと、3番目です。つまり、ワイルド・スピードX2の続きなんですが、登場人物や内容的には1作目との関わりが強いです。

ストーリー上の設定では、ワイルド・スピード1作目から5年が経過しています。

 

時系列でみたワイルド・スピードの作品順⇩

  1. ワイルド・スピード(1作目)
  2. ワイルド・スピードX2(2作目)
  3. ワイルド・スピード MAX(4作目)☜ここです
  4. ワイルド・スピード MEGA MAX(5作目)
  5. ワイルド・スピード EURO MISSION(6作目)
  6. ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT(3作目)
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION(7作目)
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK(8作目)

 

自分の独断と偏見から言えば、ワイルド・スピード全7作品の中で、このMAXが一番微妙かなぁ。というのも当たり前っちゃ当たり前なんですが。

なぜならこの作品は明らかに“1作目・2作目と、5作目のワイルド・スピードMEGA MAXの繋ぎ”という印象が強いからです。映画ってだいたい1作でキレイに完結しますよね。

ですがこの作品は1作で完結しない、前作との繋がりを前提に作られていますし、終わり方も明らかに続きがある事を示唆しているので、どうしても“シリーズを繋ぐ映画”という印象が強く、もしこの映画だけ見たら訳がわからないと思います。

その点ワイスピのほかの映画は、その作品だけ見てもかなり楽しめますからねえ。そしてこの作品に続く、MEGA MAX、EURO MISSION、SKY MISSIONは面白さが一気に加速します。この3作はマジでヤバイです。

 

主な登場人物の紹介

ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)

f:id:shibaccho:20170516184327j:plain

引用先:ポール・ウォーカー - Wikipedia

ワイスピシリーズの主人公。愛称:ブライアン、ブリッド(弾丸という意味)

ワイルド・スピードX2において警察に協力し、麻薬を密売していたベローンを逮捕するに至り、FBI捜査官としてスカウトされ復帰。麻薬密売組織のボス、ブラガを逮捕するべく捜査をしている最中、ドミニクやミアと再会を果たし、ドミニクとは行動をともにする。 

 

ドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)

f:id:shibaccho:20170516183543j:plain

引用先:ヴィン・ディーゼル - Wikipedia

ワイスピシリーズの主要キャスト。愛称:ドム

ワイスピ1作目でブライアンに逃がしてもらった後、指名手配されるも逃げ回っていた様子。物語の冒頭、ドミニカ共和国で石油輸送トレーラーを襲うシーンから始まるのだが、この石油を売りさばいて金にして生計を立てている。指名手配されている自分と一緒にいれば危険だと思い、仲間の元を去る。しかしその後、愛するレティが殺された事を知り、復讐を誓い、犯人を捜している過程でブライアンと5年ぶりに再会する。

 

ミア・トレット(ジョーダナ・ブリュースター)

f:id:shibaccho:20170516184343j:plain

引用先:ジョーダナ・ブリュースター - Wikipedia

ドムの妹。兄のドムが指名手配されている一方、ミアは1作目でも出てきたロサンゼルスの家で一人で暮らしていた。ドムの事でFBIに事情聴取されていると、そこでブライアンに再会する。1作目でブライアンが警官である身分を偽って近づいてきた事を、未だに許してはいなかった、憎んでいたものの、物語が進むにつれて再びブライアンに好意を抱き始める。

 

レティ・オルティス(ミシェル・ロドリゲス)

f:id:shibaccho:20170516194952j:plain

引用先:ミシェル・ロドリゲス - Wikipedia

ドムの恋人。1作目に引き続き、ドムと常に行動を共にしてきた。物語の冒頭で石油トレーラーを襲い、仲間で金を山分けしたその日の夜、指名手配されているドムは、レティ達に迷惑を掛けないために何も言わず姿を消してしまう。その後、彼女は“ドムの無罪”を条件にFBIに自ら協力し、麻薬組織に潜入するがそこで命を落としてしまう….。

 

ハン(カン・サン)

f:id:shibaccho:20170516184355j:plain

引用先:サン・カン - Wikipedia

3作目のTOKYO DRIFTにも出演していましたが、時系列で考えるとこの作品の方が次期が先なので、ハンが一番若い時、という設定です。出演するのは冒頭の石油トレーラーを襲うシーンと、その直後に金を山分けするシーンのみです。

ここで「俺は東京でレースをする」というセリフがあり、TOKYO DRIFTに続くことを示唆しています。

 

ジゼル(ガル・ガドット)

f:id:shibaccho:20170516184420j:plain

引用先:ガル・ガドット - Wikipedia

カンポスの部下。ドムに気がある。あくまでもビジネスとして、ボスであるブラガに従っているだけで、そこまでブラガに忠誠心は無い様子。物語途中でドムに助けられ、ブラガを裏切ります。

 

カンポス(ジョン・オーティス)

ブラガの右腕。ブラガと直接やり取りできるのはこの男だけ。と見せかけて、実はこの男がボスのブラガ本人である。部下たちがこれだけ付いてくるという事は、かなりの人望があると考えられる。

 

フェニックス(ラズ・アロンソ)

ブラガ、カンポスの右腕、いわゆる組織のNo.2である。他の部下たちをまとめ上げるリーダー的存在。ドライビングテクニックも優れている。組織に潜入していたレティを殺したのもこの男。

 

あらすじ

ドムは指名手配されていながらも強盗を繰り返しており、石油輸送トレーラー襲撃を派手にやり過ぎたため、自分への警察の追跡が加速するのを懸念し、仲間に自分の元を去るように提案、さらに恋人レティの前からも姿を消してしまう。

それから時は経ち、ドムの元に一本の電話が入る。

妹のミアからだ、「レティが殺された。」

一方ブライアンは以前の功績が認められてFBIに復帰しており、正体不明のブラガが率いる過去最大と言われる麻薬組織の捜査を行っていた。

レティが殺された真相を探るべく独自に動くドム、FBIとして捜査をするブライアン、2人は運命の糸に引き寄せられるように再開を果たす。

レティはなぜ死んでしまったのか?

レティを殺したとされる”フェニックス”とは一体誰なのか?

ドムはレティの復讐を果たせるのか?

ブラガの正体は?

次作「MEGA MAX」に繋がる衝撃のラストも。

  

この映画の見どころ

冒頭のドムがトレーラーを交わすシーン

映画初っ端から見どころですね。ドム達が襲っている石油トレーラーがもの凄いスピードで山の坂道を下り、止まれないと踏んだ運転手は運転席から飛び降ります。

運転手がいなくなったトレーラーはバランスを失い、石油を積んだくそデカいタンクがドムとレティの車に向かって転がってきます。

ドムの素晴らしいドライビングテクニックでそのタンクの下潜り抜けます。針の穴に糸を勢いよく一発で通す、いや間違いなくそれより遥かに難しいですね。

 

運び屋を決めるレース開始のシーン

ワイルド・スピードは、もちろんレース中も激しくて見どころが沢山あるんですが、自分はレースが始まる瞬間、スタート時にとてもわくわくします(笑)

スタート直前のあの緊張感がとても好きです。

子どもの頃運動会とかで100m走とかありましたよね。リレーとか。あの時のような緊張感が、いや映画からはあれ以上の緊張感が伝わってきます。

また、これはドムがレースでスタートする時なんですが、車の前輪を宙に浮かせながら走り出します。これがたまらなくイカしてます。本当にカッコ良い。

ちなみに今作で最後にフェニックスと対峙するシーンでも・・・。

 

余談ですが、運び屋を決めるレースの際、ブライアンは一旦ルートから外れてしまいます。そしてルートに戻る為に、どうしても柵に突っ込んでぶち壊さないといけない時に「許せ(Sorry Car.)」と言います。車を愛する走り屋としては、やはり自分の車を相棒のように大切に思っています。そういった精神面まで丁寧に再現しているのは面白いと思いました。

 

ワイルド・スピードMAXはこんな感じです。

やはりほかの作品と比べるとワイスピの主要要素である“お祭り感”(自分が重要視しているだけですが)が欠けてる印象が強いです。

ただこの記事の冒頭でも言ったように、この作品はMEGA MAXの前置き的な感じなので仕方ないでしょう。

とにかく次のMEGA MAXから、一気にワイスピの魅力・面白さが加速するので是非続けて観てみて下さい。アクセルぐいぐいです。

 

ワイルドスピード過去作を観たいなら!

「ワイルドスピードの過去作を観たくなった!」「映画が好きだからいっぱい観たい!」という方には「dTV」をおすすめします。

dTV なら月額たったの500円という驚きの安さで、12万作品もの映画やアニメ・ドラマ・ライブ映像が見放題です。

ワイルドスピードシリーズなら、1〜6作目まで見放題です!

今なら31日間無料お試しもできますので、まだ試したことのない人は絶対に試すべき。ぼくも毎日のように利用していますが超便利ですよ。

dTV