MENU

日常生活で今すぐ実践できる、人生を豊かにする超簡単な考え方


おすすめ記事pick up!



スポンサードリンク


これから紹介する考え方は、僕が今本当に1番大切にしていること。

この記事の最後で紹介する「ある本」を読んだ事で、この考えが裏付けされたような気がしました。

僕は肌の病気で苦しんでいるのですが、病気になったからこそ、改めてこの思考の大切さに気がつく事ができました。

だからこそ、ぼくのブログを読んでくれているあなたにも伝えたいです。長々と書くつもりはありません。できるだけ簡潔に。

あなたの大切な時間を5分でいい、たった5分でいいので僕にください。

 

おそらくこの考え方を意識的に実践している人は、少ないと思います。

日々の生活の中で、少し意識するだけで気持ちが穏やかになり、もしこの考え方が自然と出来るようになれば、あなたの人生は豊かになることを僕が保障します。

実際にぼくはこれを意識することによって、本当に思考もポジティブになり、人生が豊かになりました。

 

その考え方とは、

『森羅万象、全てに感謝する』

「ああ、なるほどね。」そう思った方はそっとページを閉じてください。こんな記事読む必要ありません。

「全てに感謝?どーゆー事?」と少しでも思った方は、続きをお読み下さい。

 

 

 

“当たり前”の事に目を向けろ

今、あなたの目の前には何がありますか?

おそらくこの記事を読んでいるということは、パソコンかスマホ、タブレットの類が必ずあるはずです。

その周りには何がありますか? 

あなたが座っているイス、パソコンや物を置いている机、部屋を明るく照らしている電気、筆記用具、本、紙、服、靴、ドア、トイレ、床、建物、車、電車、バス、挙げれば無限にある訳ですが

つまり、自分の目に映るもの全て。この世の中に存在するもの全て。

それら全てに、この世の物全てに、感謝するんです。心から『ありがとうね』と。

 

ボタンを押せば明るい電気が点く。

蛇口をひねれば透明な水が出てくる。

コンビニやスーパーへ行けばあらゆる物が売っていて、欲しいものを選んで買う事ができる。

いつどこに居ても遠くの人と電話で話すことが出来る。

電車やバス、新幹線で遠くへ、飛行機で海外へだって行く事ができる。

これらは全て、もはや当たり前の事として考えられています。

でも、そんな現在の当たり前を手に入れる為に、エジソンもライト兄弟もグーテンベルクもスティーブ・ジョブズも、彼らはみな僕たちには測りしれない努力を重ねてきたわけです。

僕たちの身の周りにある物は、当たり前のようにそこに存在しています。だけど、本当はそれらは全て感謝しても感謝しきれないほどありがたいものなんです。

 

病気になって気が付いた”普通である”ことのありがたさ

僕は顔の肌の病気を患っていて、今も治療中です。詳しくはプロフィールを読んで欲しいです。

頬に跡がいっぱい残っていて、穴が空いている所だって数か所あります。医者からも、僕ほどひどい人は稀だと言われているほどです。

そんな僕は外出する時はいつもマスクを付けています。どうしても人目が気になってしまうから。

僕は大学生で、毎日学校に行かないといけません。家を出てから帰宅するまでずっとマスクを付けっぱなし。

一日中マスクを付けているのは、正直かなりしんどいです。しかも暑い季節ともなれば、半端なくツライです。

だから、マスクなんて付けずに堂々と外出して、人と会話できるようになるのが、今の僕の目標なんです。

こんなの、あなたからすれば当たり前の事だと思います。しかし、その当たり前が今の僕には出来ないんです。 

住む家がある。

家族がいる。

朝昼晩、食事をする事が出来る。

字を読む事が出来る。

声を出して人と話すことが出来る。

歩いたり、走ったりすることができる。

これらは“当たり前”のことかもしれません。

だけどその“当たり前”を享受できることが、いかに幸せかということに、僕は病気を通して気付くことができました。

 

家があるという事は家を建ててくれた人がいるということ。その家を形作る材料・資材を作ってくれている人がいるということ。

僕たちが口にする野菜やお米も誰かが作ってくれているということ。

五体満足で、立ち、歩き、時に走り、手で物を掴み、ペンがあれば文字を書けるということ。

これらは全て、本当にありがたいことなんです。 

だから、僕は決して『感謝』を忘れません。

 

不幸な経験にも『感謝』を忘れるな

上でも述べたように、僕は顔面の皮膚の病気。一番ひどい時はずっと自殺することも考えていました

でも今は、病気になったことにすら『感謝』できるようになったんです。 

日常生活には幸せが散りばめられている事にも気が付くことができました。

“死”ぬことや命についても真剣に考えることもできました。

自分の将来についてもじっくりと考える機会をもらいました。

確かに死ぬほど辛かったです。でもその分、本当にたくさん大切な事を学ぶことができました。

人に嫌がらせをされたとしても、「こんなことをすれば人は嫌がるんだ、じゃあ自分は人に対して絶対にしないでおこう」と学ぶことが出来ます。

だからその人を恨むのではなく、嫌だと思える経験を出来たことに『感謝』すればいいんです。

何かにチャレンジして失敗したとしても、「今の自分にはまだ何か足りないんだ」「この方法じゃダメなんだ」と気付けます。

それはつまり、成功に一歩近付いたという事ではありませんか。失敗は成功という料理を完成させるための材料です。

考え方をほんのちょっとだけ変えてあげるだけで、物事の見え方も大きく変わってきます。

どんな経験にも無駄なことなんて一つもありません。

だから、身の回りの全ての物・環境・出来事に『感謝』してください。これが自然と出来るようになれば、あなたの人生は今よりも豊かに、確実に明るくなるはずです。

僕はこれからも、どんなことに対しても『感謝』することを忘れはしません。

 

人生を豊かにする考え方【おすすめ本】

f:id:shibaccho:20160626211934j:plain

最後に、最近僕が読んだ本で、超おすすめの本を紹介しておきますね。

 

▼本の名前は『夢をかなえるゾウ

 

ガネーシャという名前のゾウの姿をした神様が、人生を変えたいと願うある一人のサラリーマンのもとに突然現れ、人生を変えるための課題を30個出していく。

当たり前だけど、為になる課題ばかりで、僕はこれを全て自分の手帳にメモしました。

この本の「一番最後の課題」は、今回僕がこの記事で書いた事に非常によく似ていて、それは『毎日、感謝する』です。とても共感しました。

 

 続編もあるようで、僕も近いうち読むつもりです。

 

以上。

最後まで読んでくれて、『ありがとうございます。』