MENU

内定量産・面接落ちゼロの僕が「準備」の為に実践していた「逆算型思考」




スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20181129201515j:plain

どーも、ばっちょ(@BACHO_malti)です。

僕は2019年卒として就活をして、かなり満足のいく結果を出すことができました。

以下の記事に色々と大事だと思うことは書きましたし、その中で「徹底的な準備」が最も大事だとも述べました。

>就活|内定10社・面接落ち0回の大学生が意識していた重要ポイントまとめ!

 

ただ、「準備が大事だよ!」と言われても、多くの学生は「準備って、具体的に何を準備すればいいの?わからない……」となるようです。

今回は、その「準備」をする為に絶対必要な「逆算型の思考」に焦点を当ててお話したいと思います!

 

就活におけるゴールは「内定」

めちゃくちゃ当たり前の事を言いますが、就活の目的って、自分が働く会社を決める事ですよね。

つまり、その会社から「ぜひうちで働いてくれ!」と認めてもらう事。

「内定」をいただく事、これがゴールです。

 

このゴールを”明確に意識”できている人が、案外少ないと思うんですよね。

なぜなら、目先の事ばかりに目がいってしまっている人が多いから。

謎にスケジュールを詰めに詰めて、バイトと就活に追われて、満足のいく準備もしないまま選考に参加し、落ちてしまう…

これが続くと、モチベもは下がるし、気も病んでくるし、さらに結果は出ないしで良い事なしの悪循環。

たくさん行動して実際に経験を積むのは大事な事ですが、しっかりと考える為のゆとりを持つことも本当に大事。

要は行動と準備のバランスが大事で、どちらに偏っていてもダメです。

まずは「これから受ける・受けている企業から内定をもらう」というゴールをしっかりと意識する。

それができれば、あとはゴールから「逆算」して、一つ一つ準備していくだけです。

 

「内定」をもらうまでの過程を検討

内定がゴールなら、そこにたどり着くまでにどんな障壁があるのでしょうか?

すぐに思い浮かびますか?

めちゃくちゃ簡単な事なんですが…

 

実は、内定をもらうまでの過程(選考)って、本当にちょっとしかありません。

  • 内定
  • 最終面接
  • 面接・面談
  • GD
  • ES・WEBテスト
  • テストセンター(SPI試験)

内定から「逆算」して考えると、たったこれだけです。

 

これだけで、内定をもらえるかどうかが決まるんです。

企業によって、リクルーター面談が何度もあったり、面接が4回と多かったりと様々ですが、基本はこんな感じの流れです。

企業が1人の就活生にかける時間なんて本当にごくわずか。

つまり、就活生はこのわずかな時間しかない選考過程で、企業に「この子はうちに欲しい!」と思わせないといけないんですよ。

 

各選考で最大限力を発揮する為の準備をする

あとは、各選考過程で自分が最大限の力を発揮し、企業に採用してもらえるように「準備」していくだけ。

もちろん「逆算」的に考えながらです。

以下では例を2つ出して、もう少し具体的に話してみます。

 

例1:テスセン・ES・WEBテ

例の一つめ、”足切り”としても利用される「テストセンター(SPI)」や「ES」「WEBテスト」。

これを通過しないと、もちろん次の選考に進めません。

だから、SPI・WEBテの勉強は早めにしておいた方が良い訳ですし、ESを書く為にも事前にある程度の「自己分析」や「業界・企業分析」が必要なわけです。

一応、就活未経験の人の為に言っておくと、ESでは「志望動機」はほぼ確実に書かされます。

当たり前ですよね、「なんでウチで働きたいのか」を聞かない企業なんてありませんよね。

そしてESの「志望動機」では、自分の価値観がその企業とマッチしている事や、自分の能力をその企業なら活かせる事、自分を雇えば企業にメリットがある事などを書く必要があります。

じゃあその為には、自分の事を知っていないといけないし(自己分析)、選考に参加するその企業の事もよく知っていないといけませんよね(業界・企業分析)。

さらに自己分析について掘り下げてみると、自分は何をするのが好きか、何が嫌いか、何にやりがいを感じるのか、行動が好きか、思考が好きか、などなど細かく自分を分析していくわけです。

簡単にまとめると、

  1. ESを書かないと選考に参加できない
  2. ESでは志望動機を書かされる
  3. 志望動機を書く為には自己分析と企業分析が必要
  4. 自分はこういう人間でー…
  5. この企業の特色はー…

これがESの志望動機を例にした超基本的な「逆算型思考」です。

だから就活を終えた人たちは皆、口を揃えて今みた過程をまとめて「自己分析大事だよ!」「企業分析も大事!」と抽象的な言葉で後輩にアドバイスするわけですね。

 

例2:面接

次に「面接」を例に出します。

面接は選考過程でもとても重要視されるポイントです。

が、よく考えてみてください。面接時間って短いところで15分・長いところで40分程度ですよね。

要は、その數十分の中で自分が企業にマッチしている事を証明できればいいわけです。

だから、その面接で自分にとって最高の結果を出す為の準備を全部するんです。

 

当然、志望動機はスラスラと答えられるように準備しておいた方が良いですし、その他聞かれるであろう質問に対する用意もしておかないといけません。

僕は「質問リスト」というのをiPhoneのメモ帳内に作って整理していましたね。

どんな質問があるかは、ネット上の就活サイトから拾ったり、人から聞いたり、自分で考えたり、あらゆる手段を用いて調べます。

そもそも面接で緊張してしまう人は、初対面の人と話す練習を何度も何度もする必要があるかもしれません。

面接官に悪い印象を与えない為に、身だしなみを整えて面接に臨むのも大切ですね。

面接におけるゴールは「その面接を通過すること」です。

だから、そのゴールに到達する為に今の自分に何が必要かを逆算的に考え、細分化していくだけです。

 

まとめ

この記事で言いたかったことを簡潔にまとめると、「内定が欲しいなら、そこから逆算して自分が何をすべきかを考えよう」ってことです。

伝わりましたかね、僕の言いたいこと。

ゴールを設定したら、あとはそれに至るまでの過程を明確にして、その過程を乗り越える為に何をしていけばいいか、細分化していく。

これを徹底するだけです。 

関連記事>就活|内定10社・面接落ち0回の大学生が意識していた重要ポイントまとめ!