MENU

サウスピーク体験談|日本語禁止のEOP校で短期留学(2週間)した感想を本音で語る




スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20181120135855j:plain


ばっちょ
ばっちょ

どーも、ばっちょ(@BACHO_malti)です!

サウスピーク・オリジナル校で2週間を過ごした後、3週目からはEOPへ移りました。

つまり、僕のサウスピークでの留学スケジュールは「オリジナル校で2週間、 EOP校で2週間」という形になります!

当記事では、後半のEOPでの勉強生活2週間にだけ焦点を当てて、どのように勉強を進め・何を感じ・どう行動してきたのかを紹介します。

 

※サウスピークには「ブロガー枠」として1ヶ月無料留学させて頂きました。

>>>【サウスピーク無料留学】フィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを紹介していただけるブロガー(月間5万PV以上)・ユーチューバー・インスタグラマーをそれぞれ募集中です。 | サウスピーク塾長日誌

 

 

1日のスケジュールと各授業について

EOPでのスケジュールは、基本的にはオリジナル校で勉強していた時と変わりません。

ですので、詳細は「サウスピーク体験談|オリジナル校で短期(2週間)留学・勉強した感想を本音で語る」をご覧ください!

 

ただ、机に向かって勉強する時間が、1日1時間〜2時間ほど減りました。

理由は…次の見出しをどうぞ。↓

 

EOPでは積極的に英語を話す時間を増やした

オリジナル校にいた時よりも、机に向かう勉強時間が減った理由。

それは「意図的に、先生たちと英語でコミュニケーションを取る時間を増やした」からです。

サウスピークでは授業が1日に2〜4コマ取る事ができ、僕は短期留学なので4コマ取っていました。

そして、先生たちと話す機会というのは基本的に授業の時がメインになります。

ランチの時間に「今日のランチトピック」という形でテーマが与えられ、周囲の人と話す機会があるのですが、オリジナル校にいたときは積極的に参加できていませんでした。

EOPで生活を始め、誰とでも英語で話す状況になってから、自分の口から実践的なアウトプットをしなければスピーキングは絶対に向上しないと感じたんです。

ばっちょ
ばっちょ

こんなに当たり前の事に気づくのが遅かった(猛省猛省

f:id:shibaccho:20181111180051j:plain

講師待機ソファ:画像右オレンジの部分)

それに気が付いてからは、授業の隙間時間にソファで暇してる講師に話しかけに行ったり、ランチの時も知っている講師の横に座ったりして、話しかけに行っていました。 

「TOEICの勉強」は日本でもできますが、先生の生の声を聞けるのは留学時だけだと気づいたのでした…(遅い)

特に僕のような短期留学の人は、講師たちと積極的に話す事を強くオススメします!(自分が何を優先するかによりますが。

 

EOP最初の1週目の感想(留学3週目)

f:id:shibaccho:20181120213122j:plain

「English Only Policy」への同意書

EOP校に到着すると、間も無く「EOPへの同意書」にサインします!

人の勉強の妨げになるような行為をしたり、日本語を話したりしてしまうと、警告書というのが出されます。

2回警告されると、その時点で退学となります。サウスピークはまさに「本気留学」なんです!!!

EOPに到着した初日は、やはりオリジナル校との環境の違いから少し戸惑いました。オリジナル校から、僕と同じ日にEOPに移った友人が2人いたのですが、2人とも初日は少し不安だったようです。

 

そして上でも書いた通り、EOPに来てすぐに「スピーキングに費やす時間を増やすべき」という事に気がつきました。

ばっちょ
ばっちょ

僕の場合「スピーキング力向上」の方が「TOEICの点数UP」よりも優先順位が高かったからです!

そこで、オリジナル校にいた時よりも机上での勉強時間を削り、講師と会話する時間を積極的に生み出しました。

それでも、正直なところ、もっともっと沢山先生たちと話をしておけばよかったと少し後悔しています。

そんな感じで、日常の中でスピーキング力を向上させる為の工夫・計画を練るようにしていましたね。この時間はあの先生の授業がないからソファで暇してるだろうな、といった具合に(笑)

それでも机に向かって勉強する時間は、1日8.9時間は確保できていました。

 

EOP2週目の感想(留学4週目)

f:id:shibaccho:20181120222437j:plain

実際に使っていた教科書たち

迎えた最後の週。

ばっちょ
ばっちょ

3週目よりも、先生と話す時間を増やしました!(笑)

机に向かう時間は7.8時間程度にあえて抑え、知っている先生と会えば日常会話の練習をする、という感じで。

ちなみに机に向かって勉強している時、具体的に何をしていたかというと、「TOEIC教材のリスニング・音読」が勉強時間の大きなウェイトを占めていました。

リスニング・音読に比重を置くのは、サウスピークが推奨している勉強のやり方で、僕は勉強時間の6.7割をそれに費やしていましたね。

ボイストレーニングルームという部屋があるので、そこを頻繁に利用していました。周囲に気兼ねなく声を出して良い部屋なので、EOPでは結構多くの人が利用している場所でした。

 

ざっくりこんな感じで、僕のEOP生活は怒涛の速さで過ぎて行きました。

最後の週の金曜日には卒業式があり、ぎこちない英語で1分強の卒業スピーチをして、夜は仲の良い友人たちとディナーで行きました(笑)

金曜に卒業式、土曜に部屋から退出なので、最後の週は土日が無いぶんすごく早くて寂しかったです。。。

 

まとめ

EOPでの「日本語を2回話すと退学」という環境はすごく刺激的で、嫌でも英語を話さないといけないので、英語を話す抵抗がなくなりました。

「レベル6(TOEIC600点以上相当)」に達していて、スピーキング力を向上させたい人は、すぐにでもEOPに行くべきだと思います!

最後に「友人紹介割引制度」があるので、サウスピーク留学で割引を受けたい方はツイッターかメールで僕に連絡ください。

5000円割引のクーポンコードをお送り致します!

・Twitter→@BACHO_malti

・mail→beaturheats@gmail.com

 

オリジナル校とEOP校、それぞれの生活環境・勉強環境についても写真多めの詳細記事を書いているので、ぜひ。↓↓↓

>オリジナル校の生活・勉強環境を徹底的にまとめてみた【写真多】

>EOP校の生活・勉強環境を徹底的にまとめてみた【写真多】