MENU

一人暮らしの質を高める、あると便利な家電・家具15選


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク



この記事をシェアする

f:id:shibaccho:20170320120529j:plain

どーも、マイルドヤンキーブロガーの

しばっちょ(@BACHO_malti)です。

▼以下の記事で、一人暮らしを始める上で“必須”と言える家電・家具8つを紹介しました。

関連記事

 

この記事では「別に必須じゃないけど、あると便利だなあ…いいなあ。」というモノ15点を選抜したので紹介していきたいと思います。

 

一人暮らしにあると便利な家電

まずは家電から見ていきましょう。

1人暮らしを豊かにしてくれる家電製品を6つご紹介します。

 

テレビ

テレビは必須の家電ではありませんが、やはりあると便利です。正直、パソコンさえあればテレビが無くても全然生活出来てしまうので、必須という位置づけではなく、便利な家具に位置付けしました。

では、テレビの何が便利なのか?それは間違いなく様々な情報が耳や目から“勝手に”入ってくる事です。特に時事的なニュースやトレンド情報。

友人や同僚、先輩や上司とお喋りするときに、時事的なニュースは話題に上がり易いため、そのような場面で「何それ?」「いやテレビ見てないんで分らないです」となると、話が盛り上がりません。

そういった面でテレビは大きな働きをしてくれるかもしれません。しかしそういった情報はパソコンやSNSなどで拾うことも可能です。個々のライフスタイルとしっかり照らし合わせて、考えてから買うようにしましょう。

 【テレビの長所】

  • 暇な時にボケーッと暇つぶし出来る
  • 最近話題のニュースについて知る事が出来る
  • 情報番組などから知識を得る事が出来る

 

 

電気ケトル(一瞬でお湯沸かせる家電)

f:id:shibaccho:20160919184034j:plain

そもそも『電気ケトル』という言葉を知らない人がいるのではないでしょうか?T-fal(ティファール)が発売してから一躍有名になりましたね。

『電気ケトル』とは、ガスを使わずにコンセントに繋ぐだけで、お湯が一瞬で沸いてしまう魔法のポットのことです。コップ一杯分なら1分くらいで沸きます。

火を使わず電気でお湯を沸かすので、ガス漏れや家事などの危険性が減りますし、コンセントがある場所ならどこでもお湯が沸かせる、というメリットがありますね。

ぼくも最近使い始めましたが、こんな安くて便利ならもっと早く買っておけば良かったと思っているところです。冬場はとても重宝しています。

関連記事

 

ちなみに、電気ケトルは買うなら家電量販店よりamazonのほうが遥かに安いです!

 【電気ケトルの長所】

  • 本体代は案外安い
  • お湯を電気で安全に沸かせられる
  • コップ一杯1分

 

 

コンパクトなスチームアイロン

f:id:shibaccho:20160919184054j:plain

出荷台数100万台を超えたPanasonicのスチームアイロンを紹介します。

着る服によっては洗濯した後のシワが目立つものってありますよね。白シャツとか、綿100%の白Tシャツとか。

やはりシワが付いたまま着るのはダサイので、出来れば簡単にでもいいのでアイロンがけしたいところです。そんな時に重宝するのがこれです!

ハンガーにかけたままでも、コツをつかめばある程度アイロンがけすることが出来ます!

最初はちょっと難しくてうまくいきませんが、慣れです。もちろんアイロン台に服をのせて使用することもできます。 

 【コンパクトアイロンの長所】

  • コンパクトで持ち運びに便利
  • スチームでしっかりシワも伸ばせる
  • ハンガーに掛けたままアイロンがけ可能

 

関連記事

 

 

サーキュレーター

f:id:shibaccho:20160919184110j:plain

『サーキュレーター』=『空気循環器』のことです。扇風機とほとんど同じようなものですが、“ある一点”に対してパワフルな風を送ることに優れています。

「空気循環器なんて何の意味があるの?」と思う方も多いかもしれませんが、これがなかなか使えるんですよ。

例えば夏場、部屋でエアコンを入れている場面を想像してみましょう。冷たい空気は下へ下へと溜まっていき、暖かい空気は上に留まります。エアコンが設置されているのは壁面の上の方ですよね?

つまり空気が暖かい所にエアコンがあるため、床に近い所は冷えているにも関わらずもっと部屋を冷やそうとします。そうなると電気代が余計にかかります

そこでサーキュレーターの登場です!

部屋の空気を循環させて温度のムラを無くし、エアコン代を抑える事ができます。そして、空気に流れが生まれる事によって、体感的にも涼しく感じます。

また、“ある一点”への送風に優れているので、「部屋は涼しいけど廊下が涼しくならない」なんて時に廊下に向かって風を送れば廊下も涼しくする事が出来ます。結構便利です。しかも値段が安いのがいいですね! 

【サーキュレーターの長所】

  • 扇風機代わりもとして使える
  • 空気を循環させて室内の温度差をなくし節電
  • スポット送風で好きな場所にパワフルな風を送れる
  • 扇風機と違い静かな物が多い

 

 

空気清浄機

f:id:shibaccho:20170217182718j:plain

冬にあると重宝します。空気清浄機の機能としては、『集じん(汚れを集めること)』『脱臭』あと最近では『加湿』機能まで追加されたものが主流です。

ホコリやウイルス、花粉などの“汚れ”が気になる人や、たばこ臭、ペット臭、生ごみ臭などの“臭い”が気になる人にオススメです。また『加湿』効果も本格化してきていて、加湿器としての役割も十分担うようになってきています。

ウイルスやアレルゲンなどの“汚れ”が特に気になる人は、玄関付近やドア付近に置くのが一番効果的です。加湿器としての効果も発揮してほしいという人は、部屋の真ん中あたりに配置するのが良いです。

【空気清浄機の長所】

  • 部屋に侵入してきたウイルスや花粉を吸収してくれる
  • 気になる部屋の臭いに対処
  • 空気をキレイにしつつ加湿もできる

 

 

ウォーターサーバー

「水をいちいち買いに行く手間が省けたら、物凄く楽なんだろうなー」と思いませんか?そんな悩みを解決してくれる方法が、ウォーターサーバーの設置。

家にサーバーを設置し、業者さんがサーバーに設置する水の入ったボトルを定期的に配送してくれます。

サーバーの設置は無料でしてくれる会社がほとんどで、「かかる費用は水の料金だけ」の事が多いです。これはぼくも検討していて、色々と調べています。

中でも『コスモウォーター』は有名で人気がありますね。これが一人暮らしの生活に加われば、とても快適になりそうですよね。

【ウォーターサーバーの長所】

  • サーバーレンタルは無料
  • 必要な経費は水だけである事が多い
  • 水を買いに行かなくて良いという超メリット
  • もちろんお湯も出せる

 

無料!ウォーターサーバー

 

ネスカフェドルチェグスト

f:id:shibaccho:20170320125003j:plain

f:id:shibaccho:20170320125559j:plain

コーヒーやカフェオレ好きの人なら、休日やリラックスタイムを豊かにできること間違いなしのネスカフェドルチェグストシリーズ。機械自体のサイズは小さいのであまり場所も取りません。

ぼくも一人暮らしの家に置いており、今では休みの日の目覚めの一杯が楽しみになっています。

 

【ネスカフェドルチェグストの長所】

  • リラックスタイムが楽しくなる
  • ドリンクの種類が豊富
  • お湯を沸かしたりする手間不要
  • 長期保存可能なドリンクカプセル

 

 

あると便利な家電:まとめ

上で6つ紹介しましたが、ぼくはテレビとウォーターサーバー以外は持っています。どれも間違いなく便利です。寒い時期にはカフェオレやスープを飲むのに電気ケトルは毎日のように使っていますし、アイロンも白シャツのシワを伸ばすのに重宝しています。

上の7つをさらに便利であろう順番に並べ替えるとしたら、

  1. 電気ケトル
  2. ウォーターサーバー
  3. ネスカフェドルチェグスト
  4. サーキュレーター
  5. コンパクトスチームアイロン
  6. 空気清浄機
  7. テレビ

です。さて次は家具に移りましょう!

 

一人暮らしにあると便利な家具

続いて、一人暮らしの質を高めてくれる家具8つ紹介します。

 

TEGOPOのソファ

王道のソファ、これは誰もが納得してくれそうです。一人用ソファでも複数人用ソファでも、あるだけで部屋のクオリティが一気に上がりますし、超くつろげます。

そこでオススメしたいのが、 TEGOPOさんのソファです。見た目からわかるようにシンプルなデザインで、造りもしっかりとしていて落ち着いた雰囲気を醸し出します。

カラーは現状ブラウン・ベージュ・ネイビー・グレーと4種あり、どれもとても大人っぽい色合いをしています。さらに座面の下が収納スペースになっていて、ソファ付近に置いておきたいものをササッと収納できちゃいます!

極め付けが価格が2万円と、かなりリーズナブルなところです。

 同種類の1人がけ用もあるので要チェック!

 

上のような少しかっちりしたタイプの座椅子が好みでない方は、以下のYAMAZENさんの座椅子をおすすめします。

体を包んでくれるようなタイプの座椅子で、深く腰掛ける事ができます。ゆっくり読書する時、くつろぐ時にいいですね。

 

珪藻土バスマット

この珪藻土バスマットを使い始めたら、もう布系のバスマットに後戻りはできません!

濡れた足を一瞬で乾かしてくれる超優秀な製品です。

お風呂上がりがめちゃくちゃ快適になりますし、手入れも不要。

詳しくは以下の記事でガッツリと紹介しています!

近年テレビや雑誌で取り上げられる事も多い、マジでおすすめの製品なので要チェック!

関連記事

 

スタンド鏡

洗面所などに鏡はあるでしょうが、全身は見えにくいですよね。部屋にスタンド鏡が1つあるだけで、出かける前の身だしなみチェックがとても楽だから便利です。

社会人でも大学生でも、出かける前に身だしなみくらいはしっかりと整えた方が絶対にいいです。

また、鏡を置く場所を工夫するだけで部屋が広く見える効果も出せます。こういった家具を買うなら、やはり「不二貿易」さんが安定です。

 

 

人をダメにするビーズクッション

f:id:shibaccho:20170305232318p:plain

これは本当に最強!

「今日は思いっきりくつろいでやろう!」なんて日に、クッションがあるだけで超リラックスできます。

そしてこの「人をダメにするビーズクッション」は驚くほど自分の体制にフィットしてくれ、好きな体制で心地良くくつろぐ事ができます。

ソファがあれば確かに不要に思えるかもしれませんが、ソファよりもビーズクッション派!なんて人も全然いるくらいです。

また、読書をしたり漫画を読んだりする時にかなり便利です。もちろん個人差は出るかもしれませんが、長時間座っていても全然しんどくなりません!

 

ケーブルボックス 

部屋をオシャレに見せてくれ、邪魔なケーブルやルーターなどを見えないように収納できてしまう、そんな素敵なマジックボックスと言えるでしょう。

コードやルーターが無造作に見えるのって、やはり少しきになりますよね。

作業デスクの横に置くもよし、ベットやソファの横に置くもよし。

さらにこのケーブルボックスは上にスマホスタンドが付いていて、落下防止の役割も果たしてくれます。

 

 

小さめのセンターマット

“カーペットを部屋全体に敷く”のは掃除もしにくいですし、時間とともにズレてきてしまうのでオススメできません。 

おすすめは、フローリング部分を残しつつ、部屋の真ん中などに小さめのセンターマットを敷くことです。

これで見た目もオシャレになりますし、掃除もかなり楽になります。また、マットが敷いてあれば来客も地べたに直接座らなくて済みますよね。

正直、人の家に行った時に何も敷いていない地べたに座るのに抵抗がある人って多いと思います。相当キレイな部屋なら問題ないかもしれませんが。

部屋をおしゃれ&キレイに保ち、なおかつ来客への”おもてなし”精神も忘れずに!

 

寝袋or簡易マットレス+かけ布団

こちらは完全に来客用です。「友人が泊まりに来た、けど寝る場所が無いぞー?」なんて事態を防いであげる為に寝袋があると非常に便利です!

簡易マットレスなどでも良いのですが、寝袋は中に入るだけなのでかけ布団なども不要でコスパ最強です。

また収納しておく際に、かなりコンパクトに丸める事が出来たりするので、あまり置き場所にも困りません。

アウトドアにも使う事ができるので、そういった活発的な人にとって1つ持っているだけでかなり重宝します!

 

 

卓上ライト

最後は卓上ライトです。はっきり言って、これは自分が欲しいだけです。

明るさを何段階も調節できるタイプもいいですね。明るすぎてもウザいですし、最低3段階は調整できるものがおすすめです。ベッドの横に置いてもよし、作業する机の上に置いてもよし。

家で勉強する時に、部屋の電気真っ暗にして机の勉強道具だけを照らして、周りのものが視界から消えるような環境を作ることで勉強に集中できるんですよね。(ぼくの場合 

 

デスク全体を明るく照らしてくれる、見た目からもオシャレなライトもいいですね。

 

あると便利な家具:まとめ

この6つの家具を順位づけるとするなら、

  1. ソファ
  2. 珪藻土バスマット
  3. 人をダメにするクッション
  4. ケーブルボックス
  5. スタンド鏡
  6. 寝袋
  7. センターマット
  8. 卓上ライト

という感じです。1位はダントツでソファ。

ソファがあるだけで「ここが自分の居場所なんだ。」とリラックスできます。かなり愛着も沸きますし。

珪藻土バスマットは僕にとってはもはや必須です(笑)