MENU

iPad Air2用にロジクール ウルトラポータブル キーボードを買ってみた。


おすすめ記事pick up!



スポンサードリンク


 f:id:shibaccho:20160825001813j:plain

どーも、顔面崩壊ブロガーのしばっちょ(@BACHO_malti)です。

 

普段使っているパソコンがデカすぎて持ち運びに不便すぎるので、iPad Air2を活用すべくポータブルキーボードを買っちゃいましたああああ

お値段は4000円ちょっと。

 

実は最初は、iPad Air2専用のロジクール ウルトラスリム キーボードというのを買ったのですが、商品が初期不良だったため返品しました。

ロジクール ウルトラスリム キーボードを届いたその日に返品した話

Amazonの返品方法—コンビニで送料無料で簡単にできます

 

今回買い直した、ロジクール ウルトラポータブル キーボードは、まだ使い始めたばかりですが結構気に入りました

 

以下、使ってみた感想等を要点だけおさえてまとめました。

 

 

iPadのキーボードは使いづらい

iPadユーザーの方はもちろん知っていると思いますが、iPad自体のスクリーンキーボードって、あまり使いやすくないですよね。

f:id:shibaccho:20160825001839j:plain

 

短文を入力したり、ネットで検索したりする程度なら全然余裕ですけど、長文を打とうとすれば画面は半分になるし、根本的に打ちにくい。

 

PagesやWordアプリを用いて文章を打つのであれば、外付けキーボードが便利じゃないか?

ってことで今回ポータブルキーボードを購入することになりました。

 

実際に製品を見てみよう!

誰でも一番気になるのが見た目ですよね!

さっそく見ていきましょう。

 

ドドン!!

f:id:shibaccho:20160825001921j:plain

 

中身はキーボード本体と充電用ケーブルだけですね。

f:id:shibaccho:20160825001935j:plain

本体サイズは、

幅―24.2センチ

奥行き―13.7センチ

高さ(分厚さね)―6ミリ

 

まじでコンパクト!

しかも極薄ですよ、極薄!6ミリて!

f:id:shibaccho:20160825001955j:plain

デザインもシンプルでかなり気に入りました。

 

さらに、重さがなんと180g、めちゃくちゃ軽い。

これはiPhone6より少しだけ重い程度ですので、親指と人差し指で持てちゃうくらい軽いです。

 

触り心地は?

何と言えばいいか、表面は合皮(?)のような感じです。

ツルツルでもなくザラザラでもなく、、、ちょっとサラサラしてる的な。(がんばれ俺の語彙力!!

 

背面はゴムって感じの質感ですね。

f:id:shibaccho:20160825002022j:plain

全体的に触ってみた感じ、あまり傷も付きにくそうですし、しっかりした造りだと思います

 

キーストローク(ボタンを押した時にキーが沈み込む深さのこと)は、1.2ミリなので、普段ノートパソコン(2~3ミリ)を使っている人からすれば、最初は少し違和感があると思います。

まあこれは仕方のない事で、慣れの問題だと思います。

自分も早く慣れないと(笑)

 

あと、Enterボタンが少し小さめなので、これも慣れないと…

キーとキーの間隔は1.7ミリ、これもノートパソコンと比べてしまうと狭い……

 

まあこれらは、ポータブルキーボードの宿命でしょう。

 

耐水性にも優れている

このキーボードの表面には、中に水が入り込むような隙間がなく、素材自体も耐水性に優れたものを使っているようです。

試しに水道の水をぽたぽたと掛けてみましたが、ツルツルーっと流れていきました。

 

パソコンで作業をしながら、頻繁に横に飲み物を置いて飲む人なんかは安心ですね。

 

ぼくも一度今使っているパソコンに水をぶっかけてしまったので、耐水性に優れているのはとても嬉しいです。

 

ショートカットキーが案外便利

キーボードの一番上の段に、ショートカットキーが設置されているので結構便利です。

 

《たとえば》

iPadやiPhoneのホームに戻るときはホームボタンを押しますよね。このキーボードだとその必要はなく、キーボードの左上端のボタンを押すだけでホーム画面に移動できます。

いちいち手を伸ばしてiPadのホームボタンを押すか、左手の小指でキーボードのボタンを押すかだけの違いですが、いちいち手を伸ばすのはやはり面倒です。

 

また、カメラマークのボタンを押すだけでスクリーンショットを撮れるのも嬉しい機能です。

その他、動画用の再生ボタンや音量調節ボタンも配置されています。

 

あとこれ、僕もずっと疑問だったのですが「ローマ字入力と英字入力の切り替え方」が初めて使う方はわからないと思います。

やり方としては『ctrlキー』を押しながら『スペースキー』を押すことで、iPadやiPhoneの画面に入力切替表示が出ます。

 

その他の機能・性能

充電するには付属のケーブルで。

f:id:shibaccho:20160825002300j:plain

充電をマックスにするまでの時間は、わずか2.5時間

 

フル充電の状態から充電が切れるまでは、1日2時間の使用で最大約3か月。

つまり、30日×3か月×2時間=180時間連続で使用できます

 

1日6時間使っても1か月間は充電いらずって事ですね。

 

操作距離、つまりどこまで離れて使用できるかは、約10メートル。

 

対応機種はiPad・iPhone全モデル、Apple TVです。

これがありがたいです!!

 

総括・まとめ

最後に簡潔にまとめて終わりにしましょう。

 

当製品を使うメリット

  • iPad・iPhone全モデル対応(例えばiPad Air2をiPad Proに買い替えた時にキーボードを買い替える必要がない)
  • iPadでの文字入力が圧倒的に容易になる
  • 180gでめちゃくちゃ軽い
  • 6ミリという極薄なので、全くかさばらない
  • 耐水性に優れている
  • ショートカットキーで簡単操作
  • 少なくとも1か月は充電いらず

 

当製品を使うデメリット

  • iPadに使用する場合、専用キーボードケースのように画面を保護するような役割は果たせない
  • キーストロークが浅い
  • キー同士の間隔が狭い
  • Enterボタンが小さい
  • 慣れないといけない ※最重要w

 

著者の評価

僕はこんな感じで使っています。

f:id:shibaccho:20160825002434j:plain

あらゆるポータブルキーボードの中でも優れた方だと思います。

確かに上に挙げたようなデメリットも存在しますが、あくまでもポータブルキーボード

外出する時などに、まるでノートのようにサッとカバンに入れて持ち歩けるのは本当に魅力的です。

ノートパソコンと比べて打ちにくいなんて当たり前なんですよ。

 

何度も言いますが、慣れていないだけです、“慣れ”

気になる方は“なるようになれ”、という気持ちで買ってみてはどうでしょうか。。。

 

何か気が付いた事があれば随時追記する予定です。

いじょう。