MENU

iPadでペーパーレス化を試みている僕が「紙を使うデメリット」を本気で考えてみた


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク



この記事をシェアする

f:id:shibaccho:20170917193754j:plain

ばっちょ
ばっちょ

どーも、iPadを使って本気で身の回りを「ペーパーレス化」しようと実践中の、ばっちょ(@BACHO_malti)です!

ペーパーレス化を進めていると、「今まで紙を使う事によって悩まされていた苦労・問題・デメリット」がどんどん解決されていくことに改めて気がつきました!

紙をガンガン使っていた時は「仕方のないことだ」と我慢してたんですが、今の時代そんな我慢は必要ないんです。

以下の紙のデメリットを見れば、あなたもペーパーレス化したくなるかも?

 

紙を使うデメリットまとめ

ばっちょ
ばっちょ

以下では、紙を使うことで発生するデメリットを「絶対的デメリット」と「相対的デメリット」の2種類に分類してみました!!

  • 「絶対的デメリット」:紙という性質上の問題です。つまり、誰が使おうと必ず起こってしまう、紙ゆえの欠点のこと。
  • 「相対的デメリット」:紙という性質に加えて、使う人によって、被るデメリットに差が出てくる紙の欠点のこと。 

 

絶対的デメリット

かさばって場所をとる
ばっちょ
ばっちょ

紙は「物資」なので、当然場所をとります。

誰でも経験したことがあると思いますが、勉強や仕事のために資料を集めたりすると、かさばって持ち歩くのや整理するのが大変なことがありますよね。

また、整理するためにも別途ファイルが必要になったりするので、余計場所をとることになってしまいます。

個人で所有する紙媒体を管理する程度であればマシかもしれませんが、それが組織になると膨大な量になりますよね。

これってとてつもなく面倒で無駄だと思いませんか?

 

場所をとる=コストが発生する
ばっちょ
ばっちょ

そして、場所をとるということは、その面積分のコストが掛かるということ!

例えば、組織で膨大な量の資料を保管しておくとなれば、保管するための資料室や倉庫を設置するためのコストが掛かりますよね。

また、ぼくたちにも身近な例としては「引っ越し」などが分かりやすい例です。

引っ越しを業者に頼む時は、基本的に物の量でサービスの価格が変わりますよね。

つまり、単純に漫画や小説などの紙媒体が多ければ多いほど値段が上がってしまいます。

こうした「物質ゆえのコスト」が、ペーパーレス化をすればどんどん無くなっていくわけですよ!

 

有限である

「原料が枯渇して、紙の生産ができなくなるかも!」とか、そういう意味での有限ではありません。

例えば「大学ノート」「メモ帳」などを思い浮かべてもらうと分かりやすいです。

これらは絶対にページ数が限られていて、そのページがなくなれば新たに買うなりして調達しないといけませんよね。

ばっちょ
ばっちょ

これらノートを電子化してしまえば、ページ数を考える必要も、ノートを買いに行く必要もなくなるわけです。

 

風の影響を受ける

紙は1枚あたりがとても薄くて軽量なので、単純に風の影響を受けやすいですよね。

ばっちょ
ばっちょ

本を読んでいる時に、風が強くてページがめくれてイラついたりしたことはありませんか?

紙に書いている時に、風で紙が飛んでいったこともあったでしょう?

もうお分かりですね、iPadやタブレットを活用すれば、こんな面倒なことは起こりません!

 

相対的デメリット

無くしてしまう可能性
ばっちょ
ばっちょ

紙が多くなればなるほど、整理が難しくなっていき、無くなってしまう可能性があります。

もちろん整理がとても得意で、完璧に管理できる人であれば問題ありませんが、まずそんな人は少ないと思います。

また、盗まれたり取られたりするという可能性もあります。

電子化してクラウド上に全て保管しておけば、無くなったり取られたりということはありません。

たとえ膨大な量の情報があっても、検索ひとつで必要な情報探し出せたりするので、無駄な時間やエネルギーを使う必要がなくなるわけですね。

 

破けたりグチャグチャになったりする可能性
ばっちょ
ばっちょ

紙はどうしても耐性が弱いので、簡単に破れたりグチャグチャになったりしますよね。イライラ。

ぼくは几帳面な性格で、なんでもキレイな状態で保ちたい人間なんですが、グチャグチャになったりしたらイラっとしちゃうんですよね。

本とかノートをカバンの中に入れて持ち運んで、出す時に端っこが折れたりしているとムカついてしまいます(笑)

その点、iPadは折れたりなんかしません!←

 

手・服・身の回りが汚れる可能性
ばっちょ
ばっちょ

紙にペンなどを用いて書くとなると、必ず発生するのが「汚れ」です。

鉛筆やシャーペンで文字を書いていると、手のひらが汚れることってありますよね。

マジックペンとかでも、ふとした時に手についたり服に付いてしまえば、落とすのは面倒ですし。

消しゴムを使えば消しかすも出てきます。

電子化してしまえば、こんな悩みは一瞬で吹き飛びます。

 

ペーパーレス化はスゴい

f:id:shibaccho:20170917193930j:plain

ばっちょ
ばっちょ

どうでしたか?

今までは、これら紙の性質は「当たり前の事」のように捉えられてきました。

でも、もはやそれは技術の進歩とともに「デメリット」と言える時代になったんです。

今回は「紙のデメリット」にだけ焦点を当てましたが、もちろん紙にもメリットは色々あると思います。

自分も紙にペンで文字を書く感覚は好きなので、紙を使う事を否定しているわけではありません。

ただ、ペーパーレス化というのは、生活をかなり効率的にしてくれ、日常の無駄を省き、リスクを軽減してくれる可能性を多分に秘めているんです!

興味ある方は、すぐにでも行動してみては?

 

iPad用にぼくが使っているおすすめのスタイラスペンについては、以下の記事をどうぞ。

関連記事

 

 

ちなみにペーパーレス化と言えば、自分は読書もほとんど電子書籍「Kindle」でしていますね。

片手で読書できるし、ページをみくる手間もないので超便利ですよ〜!

関連記事