MENU

滋賀県民よ。彦根市の『彦根梨』を知ってるか?知らないの?笑笑


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク



この記事をシェアする

どーも、顔面崩壊ブロガーのしばっちょ(@BACHO_malti)です。

滋賀県民のみなさん。

『彦根梨』って知ってますか?

f:id:shibaccho:20160904191712j:plain

え、知らない?

『彦根梨』を知らないなんて、、、

滋賀県民なのに?

それはヤバイですねえ。(笑)

 

いや、ぼくも知らなかったんですけどね。←

もっと滋賀県の良さについて色々発信していきたいと思っていた矢先。

めちゃくちゃスゲエ美味い『梨』を見つけてしまったんですよ。

これは紹介するしかない!と思いましたね。

 

『彦根梨』って何?

滋賀県彦根市の曽根沼干拓で栽培されている甘い梨

収穫時期は8月下旬~10月半ば

品種は「幸水」と「豊水」

販売場所は、彦根市の「美浜館」「やさいの里」「やさいの里二番館」「やさいの里あいしょう館」の4か所だけ。ちなみにこれらの販売所はどこも地産地消にこだわっているようで、新鮮な野菜・米・花なども売っているようです。

インターネット通販も販売時期限定で行っている

引用先:http://www.ja-higashibiwako.jp/farming/product/hikone-pear

 

インターネット予約販売分は7月19日から受付が始まり、7月28日で完売したそうです。わずか10日で完売、すごい人気ですね。

引用先:http://www.ja-higashibiwako.jp/topics/farming/1742.html

 

とにかく人気らしい

スーパーなどで売っている梨よりも少し割高なのに、めちゃくちゃ人気らしいです。値段は4つで700円、1つ175円か、うん、少し高いですね。

4つの販売所で売られているわけですが、どこもだいたい午前中の間に売り切れてしまうほど。

ぼくが行ったときは14時頃でしたが、なんとか残っていたので買う事ができました。

ぼくは「美浜館」という販売所で買ったんですが、その店から出ていく人全員が手に『彦根梨』を持っていたので驚きました。(笑)

 

そんな美味いのかよ!

そんなの人気なのかよ!

買った時点では、まだ半信半疑。

たかが『梨』やろ?ってね。

 

いざ皮を剥いてみた

さっそく家に持って帰って、さっそく皮を剥いてみました。

 

f:id:shibaccho:20160904191754j:plain

いやいや、果汁がすげええええええ

冗談抜きで!!

 

見てください、この輝き。

めちゃくちゃ光ってますよ。

f:id:shibaccho:20160904191810j:plain

 

皮剥いてたら果汁が、「ポタッ……ポタッ…」て落ちてきます。落とすのがもったいない!(笑)

しかも、皮剥いてたら顔に果汁が飛んでくる(笑)(笑)

 

透明感もすんごい。すんごいです。

f:id:shibaccho:20160904191831j:plain

こりゃ美味そうだ!!!

 

いざ、実食!

おおおおおおおおおお

噛むとまたしても顔に果汁が飛んできます!(笑)

噛み切った所からも果汁が落ちてもったいないのなんの。

噛んだ瞬間口の中に甘味が「ボゥワァァアアア!」って広がっていきます。触感も良く、とてもシャリシャリしています。

 

こんなみずみずしい梨今まで食った事ねえよ!(たぶん)

さすが『彦根梨』。

さすが滋賀県。

f:id:shibaccho:20160904191914j:plain

また彦根に行く機会があれば買って帰ります。

いじょう。