MENU

愛犬の本格的なフォトブックを「MYBOOK」で作ってみた!


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20171014222954j:plain

ばっちょ
ばっちょ

どーも、ばっちょ(@BACHO_malti)です。

愛犬との思い出を本格的なフォトブックにしたので、母親にプレゼントしようと思います!

愛犬と出会ってから、今に至るまでの2年間の写真を順番に載せて、ページをめくれば思い出しながらニヤニヤしてしまうような仕上がりにできました(笑)

今回はそんな「MyBook」について詳しく紹介していきます!

「MYBOOK」よりも手軽に作れる「MYBOOK LIFE」も作ってみて気に入ったので、記事に詳しく書きました!こちらはスマホからも作れるのがポイント!

➡︎「MYBOOK LIFE」で作った愛犬のフォトブックがノスタルジックでおしゃれ!

 

「MYBOOK」ってどんなサービス?

ばっちょ
ばっちょ

簡単に言えば「自分で好きにカスタマイズ・デザインできる本格フォトブック」を作れるサービスです。

プロのフォトグラファーも頻繁に利用するほどに、品質が保証されたフォトブックなんですよ。

しかも編集は自分が行うため、価格もリーズナブルなのもポイント。

価格は「MyBook価格一覧 」から簡単に確認することができます。

f:id:shibaccho:20171012034833j:plain

価格シュミレーターもあるので、「形は縦長で、このサイズで…」と選んでいけば料金も表示してくれるので分かりやすいです!

 

こんな人におすすめ!

ばっちょ
ばっちょ

この「MYBOOK」は、以下のような人におすすめできます!

  • 友達との旅行の思い出作りに
  • お子さんの成長記録に
  • ペットとの思い出を残したい
  • 結婚式の記念作りに
  • 趣味の写真集を作りたい

マイブックの会員登録はこちら

 

出来上がったフォトブック

f:id:shibaccho:20171014210156j:plain

かなりしっかりした箱に梱包されて届きました。

 

開封!!!

f:id:shibaccho:20171014210331j:plain

さっそく出してみると、これまたしっかりしたケースに入ったフォトブックが登場。編集する時に背表紙につけたタイトルは、こんな感じで印刷されてます。

f:id:shibaccho:20171014210601j:plain

こちらがフォトブックの表紙ですね!いい感じだ!

ちなみに今回ぼくが作ったのは以下のような仕様です。

  • 縦長・20ページ
  • ハードカバー
  • 200T(21cm×14.8cm)
  • ラミネート加工ー光沢

f:id:shibaccho:20171014210809j:plain

表面はツヤツヤしていて光が反射します。

f:id:shibaccho:20171014211629j:plain

…。(かわいい…)

 

「MYBOOK」の編集のやり方 

ばっちょ
ばっちょ

ここからは「MYBOOK」の作り方を、具体的に紹介していきます!

まずは準備の2ステップ

フォトブックの編集を始める前にやっておくべきことが、2つだけあります。

  1. 無料ユーザー登録
  2. 「MyBookEditor」をインストール

ユーザー登録は2分もあれば終わりますし、「MyBookEditor」のインストールもそんなに時間はかかりませんでした!

フォトブックの編集には、この「MyBookEditor」を使うわけですね。

①➡マイブックの会員登録はこちら
②➡MyBookEditor、素材のダウンロード

 

台紙を選択

f:id:shibaccho:20171014195746j:plain

さっそく「MyBookEditor」を立ち上げると、上のような画面になるので「新規作成」か「テンプレートで作成」を選びます。

新規作成の場合は自分で一から作れるんですが、めちゃくちゃ時間がかかってしまうので、まずは豊富に用意されているテンプレートを見てみると良いと思います。

 

テンプレート・サイズの選択

f:id:shibaccho:20171014195834j:plain

先ほどのところで「テンプレートを選択」に進むと、上のような画面になります。

ここで、テンプレートのおおまかなデザインと、作るフォトブックのサイズを選びます。

テンプレートは編集画面に移ってからでも変更できるので、どれを選んでも問題ありませんよ。

 

編集画面の使い方

f:id:shibaccho:20171014201130j:plain

基本は画面左上の「画像」「ページ」「ボックス」「イラスト」「型抜き」「台紙」 の6つを切り替えながら編集します。「デザイン台紙」がテンプレートのことですね。

以下、それぞれの使い方を軽く紹介していきます。

使う画像の選択

f:id:shibaccho:20171014200107j:plain

①「画像」をクリック
②フォルダのアイコンをクリック

すると自分のPCの画像フォルダなどが表示されると思うので、使いたいフォルダを選択しましょう。

選択できたら、上の画像の上部のように使用できる写真が表されます。

 

編集するページを選択

f:id:shibaccho:20171014200218j:plain

「ページ」をクリックすると、フォトアルバムの編集したいページに飛ぶことできます。

ぼくはここを見ながら、フォトブック全体の構成を考えて作業してました!

 

写真の配置デザイン

f:id:shibaccho:20171014201721j:plain

「ボックス」では、ページに写真をどのように配置するかを決められますが、テンプレート通りに使うならここは触る必要はありません!

 

用意されたイラストを使う

f:id:shibaccho:20171014202954j:plain

「イラスト」では、用意されているイラストをスタンプのように使うことができます。かなり種類が豊富で1000種類くらいありそう?

 

写真を型取っておしゃれに

f:id:shibaccho:20171014202201j:plain

「型取り」では写真を色んな形にしたり、写真の枠にデザインをつけられます。

 

写真以外の部分のデザイン

f:id:shibaccho:20171014201741j:plain

「台紙」は、写真以外の場所の色をページごとに選ぶことができます。ぼくは写真が映えるように全てのページを黒で統一してみました。

ばっちょ
ばっちょ

編集はこんな感じです。

これらの編集作業が終われば、右下の「注文する」を押せばOKです!

他のフォトブックサービス

ばっちょ
ばっちょ

MyBook」の他にも便利なサービスが2つあるので紹介しておきますね!

f:id:shibaccho:20171010174421j:plain

1つめは、スマホからも簡単に作れる「MYBOOK LIFE 」。上の画像は実際にぼくが作ったものです。

このサービスのポイントは「手軽さ」と「おしゃれさ」だと思います。実際に作ったので以下の記事もどうぞ!

➡︎「MYBOOK LIFE」で作った愛犬のフォトブックがノスタルジックでおしゃれ!

 

f:id:shibaccho:20171014221217p:plain

2つめは 「AutoAlbum 」というもので、サイトに写真をアップロードして注文するだけで、写真が整理されたアルバムが届く編集不要のサービスです!

ぼくのように、自分で手作りアルバムを作るのが面倒な人や時間のない人は、こういったサービスでサクッと作るのがおすすめですよ!