MENU

もしもアフィリエイトに突然「サイト登録削除」されて面食らった。


おすすめ記事pick up!



スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20170522235420j:plain

どーも、マイルドヤンキーブロガーの

しばっちょ(@BACHO_malti)です。

 

先日(2017年5月12日)もしもアフィリエイトから、突然こんな件名のメールが届きました。

【重要】ご登録頂きましたサイト削除のご報告

ばっちょ
ばっちょ

冷や汗ブッシャー!!!

マジで、5度見くらいしました…!笑

突然サイト削除はやべえ!!!

どうやら、もしもアカウントは削除されておらず、もしもアカウントに登録していたこのブログ「マイルドヤンキーの処世術」だけが、登録削除の対象になったという事でした。

もしもにはもう一つのブログ「顔面崩壊ブログ」も登録しているのですが、そちらは登録されたままでした。

 

応急処置としてのリンク張り替え

サイト登録が削除されてしまったので、これまで記事内に貼っていたもしものリンクが”全て無効”になってしまいました。

正直かなり焦りました。リンクをクリックしてみても「無効なリンクです」という文字と可愛いイラストが出てくるだけ。

無効状態の時にサイトを訪れてくれた読者の方達には申し訳ないです。

幸いぼくの場合は、もしもではAmazonの商品リンクしか使っていなかったので、もしもでしか取り扱っていない広告などはありませんでした。

そのため、単純にもしもの無効リンクをAmazonアソシエイトの商品リンクに張り替えることでひとまず応急処置はできました。

しかしまあ、膨大な数のリンクを張り替えるのは大変でしたね。

メールが来た日とその翌日のリンク張り替え日は、Amazonからの収益がゼロだったので結構な痛手となりました(汗)

 

登録削除された理由は何か?

届いたメールには削除理由の例として、以下の項目が挙げられていました。

 

  • サイトが存在しない、もしくは、文章・画像等のコンテンツが存在しない
  • 正常にアクセスできない (閲覧にパスワードなどが必要
  • アダルト商品等の掲載を含む
  • 公序良俗に違反する
  • 一部消費者に誤解を与える可能性を含む(情報商材など)
  • ご自身が所有されていないことが明らか、あるいは不明
  • 著作権法に違反またはその恐れがある
  • 肖像権、パブリシティ権に違反またはその恐れがある
  • 他、法令に違反またはその恐れがある
  • もしもがアフィリエイトサイトとして相応しくないと判断した

 

正直どれもピンとくる項目がなかったので、もしもさんに直接問い合わせてみることにしました。

 

問い合わせてみたら丁寧な返事が返ってきた!

問い合わせの内容は、

「登録削除された理由がよくわからない」

「問題のある箇所を修正し、再登録・再提携する意思がある」

という2点を中心にしました。

 

それに対するもしもさんからの回答は以下です。

主な理由といたしましては、映画の予告編動画の掲載、あらすじ(ネタバレ含む)の掲載によるものです。

著名人や芸能人などが映った動画や著作物となり得る動画は、転用・転載が可能かどうかをご自身でお確かめの上、必要に応じて事前に許可を取得してから掲載してください。

公式サイトによるアップ動画でも許可を得ていなければ商用サイトへの埋め込みはNGです。(映画やドラマだけでなくミュージックビデオやCMなども同様です)

 

なるほど!!!!!

5月12日にサイト登録削除されたのですが、その2日前の5月10日に最新映画「ワイルドスピード ICEBREAK」のネタバレ記事を書いていました。

そしてその記事内に、ワイルドスピードの日本版公式サイトに掲載されていた動画のリンクを貼っていました。

どうやらこれらがマズかったようですね。

ぼくは勝手に「公式サイトからの引用であれば、引用先を示せばオッケーだろう」と思っていました。

この辺りは本当に難しいですね。

関連記事

 

また、もう一つ問題がありました。

映画・ドラマ・小説・漫画などの詳細な あらすじの掲載は翻案権を侵害する恐れがあります。

 

恥ずかしながら「翻案権」という言葉は生まれて初めて耳にしました。

簡単に言えばこれも著作権の一部です。

えば映画で考えると、映画は目で観て耳で聞いて楽しむものであり、それ自体で完結した一つの作品です。しかし、誰かがその作品を観たあとに、その作品の詳細を文章に書き起こしてしまうと、それが映像作品としての映画とは別の作品であるかのようになってしまうわけです。

そこには必ず書き起こした人の主観が反映されており、映像作品とは別ものになってしまうわけです。このように、既に存在する著作物に対して、その表現方法を変えて(ここでは、映画→文章)新しく著作物を生み出すことは翻案権を侵害することになります。

ぼくは、これまでワイルドスピードが好きすぎてほぼ全作記事にしてきたのですが、それらの記事が翻案権を侵害している恐れがあったので、全て修正しました。

合計1万5千文字ほど消して、5千文字ほど書き足しましたね。

…大変でした。(笑)

 

サイト登録を復活させるには?

登録を削除されたからといって、一生再登録できないわけではありません。

なんなら、削除されたその日から登録し直すことも可能です(笑)

ただ、サイトの問題が解決していないのに登録してもすぐに再度削除されてしまうだけです。

だから要は、どこに問題があったのかを探ってしっかり修正し、その旨をもしもさんに問い合わせて言えば、登録を向こうから勝手に復活してくれます。

復活した場合には、以前貼っていたリンクは全て有効に戻ります。ぼくのように全て他のリンクに張り替えた場合は関係ありませんが。

 

未承認成果報酬4万円はどうなる?

4月の発生成果の残り2万円分と、5月の最初の発生成果2万円、計4万円ほどの未承認成果報酬がありました。

「これら全て無効になってしまうのか…!!!」とビクビクしていましたが、それについても回答していただきました。

既に発生している成果については無効にはならないようで、広告主が承認してくれ、その時にアカウントがあれば支払いされるとのこと。

ただぼくは、登録復活してから1週間ほど経ちますが未だに未承認のままなので、少し不安です(笑)

皆さんも登録削除には十分注意して、ホワイトなブログ運営をしていきましょう(笑)