MENU

MacBookのキーボードカバー「BEFiNE」が有能すぎる件


おすすめ記事pick up!



スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20170802194826j:plain

どーも、マイルドヤンキーブロガーの

しばっちょ(@BACHO_malti)です。

ばっちょ
ばっちょ

MacBookユーザーの人たち、キーボードカバーって使用してますか?

「キーボードカバー?何それ。」

「買うか迷ってるんだけど、実際どうなの?」

「カバー付けてて、メリット感じる?」

そんな疑問を持つ人は是非続きを読んでみてください。

キーボードカバーを愛用している僕が、その有能さを証明します。

 

「BEFiNE」キーボードカバーを付けた時の外観

まずはキーボードカバーをMacBookに付けたときの外観から見ていきます。やっぱり付けた時にダサいと嫌ですからね。

まずはキーボードの全体像からどうぞ。

f:id:shibaccho:20170802192200j:plain

f:id:shibaccho:20170802192311j:plain

そこまで見た目に変わりないと思いませんか?

 

次にアップでキーボード左側から。

f:id:shibaccho:20170802192355j:plain

f:id:shibaccho:20170802192414j:plain

 

次に正面のトラックパッドあたりから。

f:id:shibaccho:20170802192441j:plain

f:id:shibaccho:20170802192458j:plain

 

最後に、暗闇でキーボードのバックライトを付けた時の状態。

f:id:shibaccho:20170802192548j:plain

f:id:shibaccho:20170802192610j:plain

カバーを付けない方がかなりクリアに見えますが、別にカバーありでも問題ないかと。

僕のPC環境では、今のところ暗闇でPCを使うことはほとんどないので、これに関して不便さを感じることはありません。

日常的に暗いところで作業をする人だと、カバーを付けるとどうしても暗くなるので、カバーなし状態と比べたら不満に感じるかもしれません。

(そんな人いるのか?)

 

「BEFiNE」キーボードカバー特徴

この記事で紹介しているのは「BEFiNE」というメーカーのキーボードカバーですね。

 

カラーバリエーションが豊富で、現在6種類(ブラック、ホワイト、オレンジ、バイオレット、ピンク、ブルースカイ)あります。

この記事に載せているのはブラックになります。素材はシリコンで出来ているので、水を通しません。

あと上に載せていたように、バックライト機能に対応しています。文字の部分が透けているんですね。

薄さは0,23mなので、キーボードへのフィット感がかなりいい感じです。

f:id:shibaccho:20170802193028j:plain

写真のように、地面に対して垂直にしても落ちません(笑)

カバーの表面が汚れてしまった時は、シリコンなので水洗い可能。

僕は濡れティッシュでサッと拭いた後に、ティッシュで水気を取るようにしています。

「日本正規代理店品」とうたっているだけあって、やはり質は良いと思います。

 

キーボードカバーのメリット

もうお分かりの方も多いと思いますが、キーボードカバーをつけるメリットを確認しておきましょう。

MacBookは高価ですから、長持ちさせるためにも以下の点は要チェックです!

 

防水性能で安心

f:id:shibaccho:20170802181047j:plain

上の写真は僕のPC作業環境です。

ぼくのように「PCのすぐそばに飲み物を置く機会が多い」という人はいませんか?

実はぼくは、かれこれ3回もMacBookに飲み物をこぼしたことがあります。

アホなん?

ヤン兄
ヤン兄

…そうです、アホです!(なので最近は写真のようにペットボトルに…)

でもそれが原因で「PCが壊れた!」なんて経験はありません。

なぜなら、もちろんこのキーボードカバーを付けていたから。

 

キーボードの溝は隙間が空いているので、こぼしたら基本的には即アウトです。ほとんどの場合PCは壊れてしまいます。

水ならなんとかなるケースもあるようですが、水以外の全ての飲料は糖分や塩分が含まれるので、機械に支障をきたしてしまいます。

 

僕は3回飲料をこぼしましたが、1回は水、1回はお茶、1回はコーヒーです(笑)

どれも上手いことカバーの上にこぼれてくれたので、事なきを得ました。

カバーつけてなかったら、99%今使ってるMacBookぶっ壊れてましたね(笑)

 

ゴミ・垢・ホコリが溝に入らない

キーボードには溝があると言いましたが、カバーを付けていないとその溝から内部に「ゴミ・手垢・ホコリ」が必然的に入っていきます。

奥に入ってしまうと、素人には取り出してキレイにすることなんて出来ませんよね。

やはりそうなると不衛生ですし、PC自体に悪影響が出るかもしれません。

カバーつけてたら恐らく全くと言っていいほど溝に何も入りません。

入る余地、ないですから!

 

つまりMacBookの耐久性が上がる

上述したように、キーボードカバーを付けるだけでMacBookの耐久性がグンっと上がる事は間違いないと思います。

飲料をこぼしてしまいって故障したら、修理代に数万円かかる事もありますし、なんなら買い替えないといけない場合も少なくありません。

キーボードカバーは”数千円”しかしません。

ばっちょ
ばっちょ

事件が起きる前にそれを予防するのは懸命な判断でしょう?

 

まとめ

もうキーボードカバーがどれだけ優秀かは、十分に理解できたと思います。

この数千円をケチって、あとあと飲み物こぼして壊れて買い替え…とか、アホらしいですからね。

もちろん「カバー付けてたら絶対安心!」なんてことはあり得ませんが、安全性はかなり高まるでしょう。

まら、安全性を高めた上で、飲み物をこぼさない環境にしたり、ホコリっぽくならないように周辺を掃除したりすることが大事ですね!

最後に、トラックパッドの保護フィルムもあるので、気になる方はどうぞ。

 

関連記事