MENU

初心者がやりガチなミス。母が一生懸命書いた記事にダメ出ししまくった話。


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20170927185953j:plain

どーも、ばっちょ(@BACHO_malti)です。

ばっちょ
ばっちょ

母親のブログが読みにくい!!!

と思ったので、50歳の母親が頑張って時間をかけて書いた記事にダメ出しフルコンボかましてきました。

別に、記事の書き方なんてその人の自由ですが、やっぱり読みやすい記事とそうでない記事は存在しますよね。

母親のブログは明らかに「読みにくい」と思ったので 紹介していきます。

 

導入部が下手すぎ

せっかくタイトルを見て記事を開いてもらっても、記事の導入部がなんだかつまらなかったり読みにくかったりすると、読者は即離脱してしまう可能性があります。

それって、めちゃくちゃもったいない。だからぼくも記事導入部は結構時間をかけて考えますね。

 

早速、母親の記事のスマホビューを見ていきましょう。

f:id:shibaccho:20170927151651j:plain

導入の文章が6行にわたってダラダラしていてメリハリが無く、何が重要なのか分かりにくくありませんか?

導入部は以下3つのどれかが理想。

  1. 概要
  2. 強調
  3. 魅了

具体的には以下ツイート。

 

あと、記事の画像の位置についてもツッコンでおくと、導入部の下よりもタイトル下の方がインパクトがあっていいと思います。

「タイトル」→「画像」→「導入部」

ぼくが読みやすいと思ったサイトでは、だいたいそのようになっていますね。

まあ、自由ですけどね。(笑)

 

語尾が全部一緒の気持ち悪い文章

f:id:shibaccho:20170927152115j:plain

この画像は、既に母親が少し修正したものですが、修正前がマジで酷かったです…(スクショしておくの忘れてました…

記憶をもとに再現してみると、だいたいこんな感じ。↓

専門業者さんにエアコンを分解してもらい、内部まで洗浄してもらうサービスです。高圧洗浄機・専用洗剤などを利用します。フィルターだけでなく、エアコン内部のファンや内壁、室外機の汚れも清掃してくれます。汚れの他に、カビも取り除かれます。カビ臭いにおいの解消や、汚れによって効きが悪くなる原因を根本から解消します。節電・節約にもなります。 

「人間味がなくて機械的」

「なんか気持ち悪い、味気ない」

「外国の方の日本語訳みたい」

読んでみてそう思いませんでしたか? 

 

見出しに「エアコンクリーンングとは?」と書いていたとしても、文章のはじめに「エアコンクリーニングというのは、」という主語くらいあっても良いと思うし。

あと、余白も全くなかったのでかなり読みにくかったです。

 「です・ます」「だ・である」は統一しましょう!みたいな事を小中学校とかの作文の授業で習ったりしますが、これを間違って使用するとこうなってしまうわけです。

 

画像とテキストの使い方が下手

画像を記事内に入れて、その画像の説明をする時、説明のための「画像とテキストの位置関係」を意識していますか?

わかりやすく、ぼくがダメ出しした母親の事例を見ていきます。

f:id:shibaccho:20170927154149j:plain

「こちらは〜」という言葉を使っているにもかかわらず、その「こちら」が示している画像がかなり下にありますよね?

これだと読者は「こちらってどこ?どれ?…ああ、これか…」ってなる可能性が大。

これはおそらく、PCで文章を入力しているためスマホでの見え方をイメージできていないのが原因ですかね。

今の時代、インターネットを閲覧する人の8割はスマホからです。

記事を書くときは、PCでの見え方も大事ですが、スマホを重要視すべきです。

ぼくなんかPCでのデザインとか見え方は、今ではほとんど考えてません(笑)

頭の中95%くらいスマホのことを考えてます!

ばっちょ
ばっちょ

スマホファースト!

 

余白の使い方が下手

上では「画像とテキストの位置関係」について触れて来ましたが、それらと派生して「余白」の使い方もかなり重要だと思います。

まずは以下の画像を見てください。

f:id:shibaccho:20170927154423j:plain

赤丸してあるところが余白ですよね。

「まずは手で取り外しができるフィルターを〜」というテキストは、明らかに下の画像と関連性が高いです。

それなら、テキストをもっと画像に近づけるべきであり、テキストの上下に同等の余白を開ける必要は全くありません。むしろ見にくい。

以下のように、シンプルに間を詰めとけばいいんです。

f:id:shibaccho:20170927155357j:plain

 

あと、スマホで見た時に画面いっぱいに文章がギッシリ詰まっていても読みにくいですし、逆に事あるごとに改行があったり、間が空いていても読みにくいです。

余白の使い方を意識してなかった人は、この際しっかり意識してみてください。

人のブログを読み漁って、「この人の文章読みやすいなあ」と思った人のリズムを真似するのも練習になりますよ!

 

強調の仕方が見にくい

太字の使い方

母親の記事は、文字の強調の仕方もなんだかぎこちない。

f:id:shibaccho:20170927155942j:plain

この矢印してある文字列、読みにくいと思いませんか?

この文章は問題だらけです。

  • 太字と普通の文字が混在しすぎ
  • こういう似たような表現は、改行して縦に並列すべき
  • ()や「!」が多いからさらに読みにくい

改行するだけでも以下のように見やすくなります。

f:id:shibaccho:20170927160609j:plain

 

文字の背景に色をつける場合

この前「はてなブログ用のGoogle Chrome拡張機能が便利すぎ!」という記事を書いたら、これを母親も導入したみたいです。

それで、文字の背景色をつけられるのですが、母親の使い方に違和感しか感じません。←

 

以下の画像を見てみましょう。

f:id:shibaccho:20170927160814j:plain

母親はこの背景色を単なる強調したい部分に使っているみたいですが、下の見出しとデザインが丸かぶりですよね?

文字のサイズが少し違うから、どっちが見出しでどっちが中身かは分かりますが、それでもやっぱり見にくいです。

文字に背景色をつけるのって、箇条書きリストや番号付きリストだけでいいと思うんですよね。あとは引用とか。

文中の強調は、基本的には太字と色文字くらいで十分だと思います。

 

さいごに

ばっちょ
ばっちょ

まだまだ初心者の域をでない母親ですが、まあ頑張っているので暖かく見守ってやってください←

以下のような方は、よかったら母親のブログも読んでやってください!

  • 主婦の方
  • 動物大好きな方
  • 動物愛護に興味がある方
  • LDH(EXILE/三代目/E-girlsなど)好きの方

今回とりあげた母親の記事はこちら↓

➡︎エアコンのクリーニングを業者に依頼した方がいい理由とメリット

 

ブログはこちら!

➡︎まいるどヤンママの徒然日記