MENU

まだiPhoneのパスコード入力で消耗してるの?(笑)


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク



この記事をシェアする

 f:id:shibaccho:20160920221318p:plain

 

ロック解除するのに、まだわざわざパスコード打ってるの?www

 

どーも、明日からヘルニアの手術で入院するしばっちょ(@BACHO_malti)です。

 

iPhoneユーザーの方で、他人に勝手に見られないようにする為に、 ロックを掛けている人はたくさんいると思います。

ぼくも使っていますが、正直ロック解除するのちょっとだけ面倒ですよね?ね?

トイレの”小”を流す時に、ちょっとだけ長押ししないといけないのと同じくらい面倒ですよね?

 

でもぼくの場合、ロックしている事なんて忘れてしまうくらい超絶最強ゴリゴリスムーズにロックを解除出来ます

 

てか『解除してる』事さえ意識せずに解除出来ます。

あれ、俺ロック設定してたよな?」って確認したくなるくらいスムーズに解除出来ちゃうんです。

パスコードを入力するなんて、もってのほかですよ。

 

この記事を見たら、もうあなたもパスコードをわざわざ打つことは無くなるでしょう。

ここで、ほとんどの人が

「どうせTouch ID使うんでしょ、はいはい、そんなの知ってるよ(笑)」

と思うかもしれません。

その通りです。

その通りなんです。

そう思ってくれたら狙い通りです。

Touch IDを使うんですよ!!

が、しかし。

多くの人はTouch IDを使いこなせていません。

見てて哀れにさえ思いまry←

 

そんなわけで、今回は超簡単なのに周りで実践している人を見たことがない、Touch IDを用いた賢いロック解除の方法をご紹介します。

 

超簡単なので即実践できます。

超絶ライフハック!

 

パスコードを使うデメリット

パスコードを使うデメリットを、超サラッと確認しておきましょう。

 

  • まず、パスコードを入力する前に画面をスライドさせる時間が無駄
  • 6桁のパスワードを毎回毎回入力するのは時間の無駄
  • 打ち間違えたら、打ち直す時間が無駄
  • ほら、無駄ばっかり
  • 正しいと思って最後まで打った時に、「ブー」ってバイブが鳴るのがウザい
  • 指が疲れる
  • わかるわかるー、指疲れるよねー
  • もし誰かにガッツリ見られてパスコードを覚えられたら最悪
  • もう最悪。むりいいいいい。

 

この通り、パスコードを使うのにはデメリットだらけ

あと100個くらいは挙げれますよ、余裕で、、たぶん、、、たぶんね。

 

ってことで、これからTouch IDの賢い使い方をお教えします。

超簡単ですよ。マジで。

なんで皆やらないんだろう…。

 

賢いTouch IDの使い方

さっそく紹介します。

たったの4ステップ

 

  1. まず、あなたが普段iPhoneを使う手を確認します。
  2. 次にそのあなたがiPhoneを持つ手の『親指』をTouch IDに登録します。
  3. 登録できたら、真っ黒に画面を落として下さい。
  4. あとは、iPhoneの下部にあるホームボタンを親指で押し、“押した後もそのまま親指をホームボタンに付けていれば”1秒かからずにロック解除できます。

 

f:id:shibaccho:20160920222902j:plain

どうですか。

これやっている人、本当に見たことが一度もありません

マジで見たことないです。

めちゃくちゃ時間短縮になるのに。

一瞬ですよ一瞬。

 

やってるよ!って人がもしいたらコメント下さい。全力で無視します。誠心誠意、無視します。フリじゃありませんよ。

みんなTouch IDで人差し指を登録するんですよね。

いやそれ面倒だから。使わないから。マジで。

使うときありますうううう??

 

※Touch IDの登録方法は、ホーム画面の「設定」➡「Touch IDとパスコード」から登録できますね。

 

そもそもロックする理由は、自分以外の人に勝手に見られないようにするためですよね。

じゃあ自分が使うときは、パスコードなんか別に無くてもいいんですよ。

てか邪魔くさいだけなんですよね。

今回紹介した方法なら、本当にビックリするくらい簡単にロック解除できちゃうので、iPhoneユーザー是非試してみて下さい!

いじょーう。明日の入院準備してきます!(笑)