読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

小犬2匹との生活が20分で分かるハートフルでユーモア満載な漫画




スポンサードリンク



この記事をシェアする

どーも、顔面崩壊ブロガーのしばっちょ(@BACHO_malti)です。

 

夏休みで時間があるので、久しぶりに地元近くの図書館へ。

そこで何気なく『ペット・動物』コーナーを見ていると、たまたま今回紹介する本に出会いました。

 

 

具体例豊富な楽しい作品

本の題名は

マルチーズがやってきた! 小犬2匹と暮らすとどうなる?

著者は木内麗子さんという方。

ページ数は140ほどです。

 

【本の概要・あらすじ】

2匹のマルチーズを買うことになった経緯から、その子たちとの日々の生活、2匹の小犬と暮らす上での悩みや楽しさ、ワンちゃんの可愛さなどを、実体験に基づいてマンガで楽しく表現されています。

 

マンガの絵はとても可愛らしい和気あいあいとしたものになっていますが、犬の行動などは本当にリアルに描かれていて、読んでいてとても共感しました。

 

著者が飼っているマルチーズの名前は『あめちゃん』と『くうちゃん』で、両者ともに個性があってとても愛らしいです。

 

終始『うわ、これめっちゃ分かる!(笑)』などと心の中で声を上げながら楽しく読ませてもらいました。

 

僕も2匹のマルチーズを飼っている!

僕は2015年の夏、大学休学中にペットショップでマルチーズと出会い、家族に迎え入れることにしました。

 

▼それがこの子パールです。 

f:id:shibaccho:20160810015736p:plain

 

そして、今年2016年の3月、滋賀県の動物愛護団体に母とボランティア活動に行った時に、1匹の小さなマルチーズに出会いました。

 

母とよく話し合った結果、その子も家族に迎え入れる事を決めました。

 

▼それがこの子シュガーです。 

f:id:shibaccho:20160810015747p:plain

つまり、僕も家族に2匹のマルチーズがいるので、この木内麗子さんの本を見つけた瞬間、すぐ手に取って読み始めました。 

 

読みやすく、簡潔で、とても分かりやすいリアルな本

”全てひと続きのマンガ” ではなく、実際の2匹の写真や、分かりやすい4コママンガなどが要所要所で挿入されていて、飽きることなく最後まで読めてしまいます。

 

僕は読むスピードが驚くほど遅い人間なんですが、そんな僕でも手に取ってから20分で読み終えてしまいました。

 

『初めての散歩』で、ワンちゃんが硬直してしまう描写や、飼い始めた時は『トイレ』の場所がわからず、そこらじゅうでオシッコをしてしまう描写。

 

ソファでテレビを見始めると、2人ともがヒザの上に乗ってきたり、どっちか1人を抱っこするともう1人がスゴイ嫉妬する描写など、本当にどれも共感しました。

 

僕が実際に読んでみて、以下のような人に特にオススメだと思いました。あくまでも僕の意見です。

 

  • 『犬を飼いたいけど、飼い始めてからの生活がイメージできない』
  • 『”室内”で犬を飼うのがイメージ出来ない』
  • 『”小犬”との生活ってどんな感じなんだろう?』
  • 『”2匹目”の犬を家族に迎えようと思っている』
  • 『犬との生活をわずか数十分で理解したい』

 

まあこれだけ挙げてみましたが、本当にワンちゃんの行動がリアルに描かれているので、誰が読んでも楽しめる作品になっていると思います。

 

また、この本を読んでいると、ワンちゃんを室内で飼うのに必要な物(オシッコシートやキャリーケースなど)がさりげなく描写されているので、これから室内でワンちゃんを飼うことを考えている方にはとてもオススメの一冊です。

 

 

では最後に、最近可愛くカットしてもらった、僕の家族のシュガーで締めくくりますw

f:id:shibaccho:20160812205249j:plain

あー可愛い。