MENU

自転車の鍵にはスチール製&5桁のダイヤル式ロックがおすすめ!


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク


自転車の鍵って持ち歩くの面倒じゃないですか?

面倒ですよね?というか邪魔じゃないですか?邪魔ですよね?

しつこいですか?邪魔ですよね?

無くなったら大変、大騒ぎですよね?

一度くらいは鍵、無くしたことあるんじゃないですか?

その時大騒ぎしませんでした?

「やばい!鍵無くした!どうしよう…!!?!」

ってなりませんでした?

 

そんなあなた!!

今すぐダイヤル式ロックに変えるべし!!!

 

ダイヤルロックのメリット 

f:id:shibaccho:20161016203015j:plain

 

鍵を管理する手間が省ける

鍵とか邪魔でしょ…無くしたら終わりですやん…仮にスペアキーがあったとしても、絶対に持ち歩いてないですよね。たいてい家に置いてますよね、スペアキー。

つまり、鍵で開けるタイプのやつは、鍵無くしたら終わりなんですよ。スペアあるから大丈夫って…?

スペアまで無くしたらどうするんですかああああ!?と言いたいです。自転車についてる鍵を、器具もってきて切らないとダメですよね。

 

めんどくさっ!!!!!

 

ああ!めんどくさっ!!!!

 

いま上に書いた事。

これらを何一つ考える必要が無くなるのがダイヤルロックなんですよ。

 

これが一番の利点。

「鍵持ち歩く必要ありませんから!」

「ダイヤルぐるぐる回すだけですからああ!!」

 

自分以外開ける事ができない

ダイヤル式ロックならロック解除の番号を知っているのは自分だけ。 つまり番号を他人に教えない限り、自分以外は絶対に開ける事ができません。

持ち歩くタイプの鍵の場合、万が一自転車の近くに鍵を落としてしまったら、それで開けられてしまうかもしれません。そういった心配も無用。

4桁ロックなら何千、5桁ロックなら何万通りもの番号の組み合わせがある訳ですから、奇跡でも起こらない限り他人には開けられません。

盗みのプロとやらに目を付けられたら知りませんが。

 

安価でおすすめのダイヤル式ロック

ここでおすすめする製品はぼくも使用していて、1万とかせいぜい2万くらいの自転車に乗っている人向け。

言うまでもありませんが、5万とか8万とか、うん十万するようなチャリ乗ってる人はもっと頑丈なロック買って下さいね。 

さっそく紹介。

f:id:shibaccho:20161016202845j:image

値段は1000円ちょい、と安価です。

 

この製品の良い点

f:id:shibaccho:20161016202912j:image

サドルに取り付けられます。これがかなり便利。

 

f:id:shibaccho:20161016202931j:image

ゴムのような緩衝材の取り外しが可能なので、サドルの太さに合わせて取り付ける事が出来ます。

 f:id:shibaccho:20161016202949j:image

サドルから簡単に取り外し可能です。

 

f:id:shibaccho:20161016203003j:image

赤いボタンを押しながらワイヤーの方を持って上下にスライドさせるだけで取れます。

 

 f:id:shibaccho:20161016203015j:image

5桁のダイヤル式なので安心ですね。ちなみにこの製品のダイヤルはかなりしっかりとしていて、最初は回すときに硬いと感じるかもしれません。4桁のを買うくらいなら5桁でいいでしょう。

 

f:id:shibaccho:20161016203028j:image

番号はリセット可能です。ここを回せば好きな番号に何度でも変えられます。

 

f:id:shibaccho:20161016203040j:image 

長さが1.2mで十分な長さがあります。太さも直径1.2cmで中にはスチールワイヤーが入っています。値段の割にかなりしっかりとしていますね。

 

1000円ほどならこの鍵が一番無難でしょう。

 

ちょっと高い最強ロック

「絶対に、何がなんでもこの自転車・バイクは盗まれたくないんだ!」

って人は、ABUS社とかの最強のロックがあるのでそちらをどうぞ。高価なロードバイクとかは、かなり盗まれやすいみたいですから。

 

▼自転車屋さんが言っていたのは、これ。

盗みのプロも即諦めるくらい、最強みたいです(笑)

 

▼このタイプでも十分らしいです。

 

本体が数万円もするんだから、鍵代はケチらないほうがいいですね。

いじょう。