MENU

【料理素人でも簡単・時短】5分でできる「アボカド丼」と「ツナアボカド」


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク



この記事をシェアする

f:id:shibaccho:20170314164159j:plain

「アボカド好きだけど、自分で調理するのって難しいんじゃないの?」と思っているあなた。いやいや、くそ簡単ですよ!

今回紹介するのアボカド丼は、慣れればたったの5分で作れてしまう、アボカド好きには最高の超お手軽どんぶりです。後半では、これまた超簡単にできるアボカドのおつまみを1品紹介します。

 

アボカド雑学

アボカドは栄養価が最も高い”果物”としてギネスにも認定されています。「食べる美容液」「森のバター」などの異名を持っており、脂質・ビタミン・ミネラルが豊富でダイエット効果や血液サラサラ効果などがあります。

アボカドは脂質を多く含むため「森のバター」などとも呼ばれている訳ですが、アボカドの脂質は質が良いため、血中の悪玉コレステロールを分解して血液をサラサラにしてくれます。さらに、豊富に含まれるビタミンEの効果で血中のコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の予防にもつながります。

ただしアボカドは1個で220kcalほどあるので、食べ過ぎには注意

アボカドは緑色が強いものがまだ未熟で、黒っぽくなるほど熟しているので買う時には黒っぽいものを買うようにしましょう。

 

「アボカド丼」用意するもの

「材料」:1人前

  • アボカド:1個
  • 卵:1個
  • 海苔:好きなだけ

「調味料」

  • ごま油:大さじ1
  • マヨネーズ:大さじ1
  • しょうゆ:小さじ2
  • おろしニンニク:小さじ1
  • わさび:小さじ1
  • レモン汁(あれば):小さじ1

見ての通り、材料の中で包丁を使って切る作業をするのがアボカドのみなので、本当に一瞬で作ることができます。

初めてアボカドを調理する人は5分で作るのは少し難しいかもしれませんが、10分あれば余裕で作れます。1回やってみれば次回以降は5分ほどで簡単に作れてしまいますよ!

レモン汁はなければ別にいりません。使いたい!って人は「ポッカレモン100」とかでオッケーです。

 

手順

①アボカドに縦に包丁をグルっと一周入れて実を半分にしたら、中の種を取り除く。実を半分にする時は、ガチャポンの丸い入れ物を開ける時のように、少しヒネると簡単にできます。

f:id:shibaccho:20170314164232j:plain

 

②種が取れたらスプーンを皮にそって突っ込み、実を取り出す。

f:id:shibaccho:20170314164243j:plain

 

③実を一口大に切ってボウルに移し、そこに調味料を全て入れて混ぜる。

f:id:shibaccho:20170314164259j:plain

f:id:shibaccho:20170314164312j:plain

 

(まな板を汚すのが面倒な人は、先にアボカドに包丁で切れ目を入れておき、その上でスプーンで取り出すとまな板を汚さないで済みます。ただ、こちらのほうが少しだけ難しく、時間を要します。)

f:id:shibaccho:20170314164327j:plain

 

④器にご飯を盛り、お好みで海苔をご飯の上に敷いて、その上に③を盛り付け卵黄を載せたら完成。

f:id:shibaccho:20170314164354j:plain

 

もし味に飽きてきたら、少しだけ醤油を足して全体を混ぜ、味付け海苔などで巻いて食べるとまた一段と美味しくなります。

f:id:shibaccho:20170314164430j:plain

 

「ツナアボカド」用意するもの

「材料」

  • アボカド:1個
  • ツナ缶:1つ

「調味料」

  • ごま油:小さじ2
  • しょうゆ:小さじ2
  • 砂糖:小さじ1
  • おろしニンニク:小さじ1
  • 酢orポン酢:小さじ1

 きゅうりやトマトなどを材料に足すと、また違った印象になります。

 

手順

①アボカドの処理は、上の①参照。

②ツナ缶は軽く油をきっておき、アボカド・ツナ・調味料全てを混ぜ合わせれば、簡単おつまみ完成。

f:id:shibaccho:20170314164449j:plain

f:id:shibaccho:20170314164511j:plain

 はい!くそ簡単ですよね!

アボカド大好きって人は、アボカド専用スライサーもあるのでこれを使えば取るのが少し難しい種も面白いほど簡単に取れます。

 

おろしニンニクはめちゃくちゃ重宝するので冷蔵庫に1つ置いておくと重宝します。