MENU

ツーブロック歴8年の僕が使っているバリカンTESCOMスキカットを紹介!


おすすめ記事pick up!


スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20161031202122j:image

ばっちょ
ばっちょ

どーもツーブロック歴8年を超える、ばっちょです。

いわゆる“ツーブロッカー”です。(なにそれ

「髪型が整っている人って魅力的!清潔感がある!」

逆に、

「髪型が整っていない人って、なんだかだらしない。不潔なイメージがある人も…。」

こう思うのは、ぼくだけに限らないと思います。そして、ツーブロックに関しても一緒のことが言えます。

美容室でサイドを刈り上げてもらっても、2~3週間もすれば刈り上げた部分の毛は1cmを超えてきます。

ぼくは、もみあげ辺りの癖毛がかなりヒドイのでツーブロックにしているわけですが、1cmにもなるともうアウト。

もう少し長ければまだコントロールできるのですが…

1cmという微妙な長さのため、どの毛もぼくの言う事を聞かず「あっちいきたい!」「こっちがいい!」と勝手に好きな方に向いてしまいます。

うぜえ。

 

そして、癖毛の人の1cmほどに伸びた刈り上げ部分って、なんかダサイ。

モサっとしてる。 

モサっとね。

 

だから、ぼくは“マイバリカン”を持っていて、美容院に行ってから2週間~3週間ほど経つと、自分でサイドを刈り上げてます。 

ツーブロック歴8年も伊達じゃない。

まあ、ツーブロッカーならマイバリカンくらい持っていて当たり前ですがね(だから何それ

という事でぼく愛用のバリカンをご紹介しましょう!

 

TESCOM(テスコム)のスキカット

こちらです。

f:id:shibaccho:20161031195358j:image

付属品がいっぱいあって、全部説明するの面倒なので気になる人はamazonさんでチェックして下さい。

➡︎TESCOM スキカット 電動バリカン 充電・交流式 ブルー TC395-A

 

TESCOMスキカットの良いところ

f:id:shibaccho:20161031195416j:image

 

充電式のコードレス

f:id:shibaccho:20161031195429j:image

電池式じゃなくて、充電式なので電池の交換が面倒な人にはオススメです。

コンセントにぶっ刺しておけばOK。

コードを抜けば、本体のみで使用可能です。

※24時間以上連続で充電したまま放置したりすると、電池の持ちが悪くなるので気合い入れて充電し過ぎないように。

 

耐水性も強い

完全に防水というわけではないが、多少濡れるくらいなら問題なし

だからお風呂場で使っても問題ないですが、お湯の中に「ポチャッ…」と落としてしまわないようにだけ注意が必要です。

濡れてる所に置いたり、お湯飛び散って付くくらいなら問題ありませんね!

 

持ちやすい構造

ツーブロックにするのに手元が狂ったら最悪ですよね?

意図してない所まで刈り上げちゃったら、、、

f:id:shibaccho:20161031195523j:image

このテスコムのスキカット、この水色の部分が実は滑り止めになっていてめちゃくちゃ持ちやすいんです。

重さも190gと軽いので、使っていて手がダルくなったりすることがありません。

 

刃保護キャップで安全

f:id:shibaccho:20161031195531j:image

f:id:shibaccho:20161031195538j:image

使わない時に刃保護キャップがあるので安心・安全。刃にゴミが付着するのを防いでくれますし、手をケガしてしまう恐れも減ります。

刃には付属の”油”を注入してお手入れするので、結構ホコリなどのゴミが付着しがちなんですよね。

 

長さの調整

f:id:shibaccho:20161031195332j:image

アタッチメントが結構あって、好きな長さから選べます。

 

f:id:shibaccho:20161031202552j:image

ぼくは3mmしか基本使わないので、他は放置ですが。 

 

手入れの方法は?

まあバリカンのお手入れと言えば、基本的にはどれも同じです。

f:id:shibaccho:20161031195601j:image

付属のブラシで刃の隙間に残った毛をバアアーッと払って、油を注入するだけです

 

f:id:shibaccho:20161031195611j:image

f:id:shibaccho:20161031195619j:image

見えますかね、バリカンって刃の隙間に結構毛が残っちゃうんですよね。

 

もしくは、この製品は耐水性に強いので、水かぬるま湯で刃を丸ごと洗ってもOKです。

本体の刃の取り付け部分も水で洗ってOKです。

 

f:id:shibaccho:20161031195639j:image

で、このテスコムのバリカンの場合は写真のように刃が2重になっているのですが、“お掃除レバー”という部分をガチャッと引くと上の刃と下の刃が分離するので、掃除も楽です。

 

“油の注入”ってどうするの?と、思うかもしれませんが、

f:id:shibaccho:20161031195701j:image

上の写真のようなものが付属しているので、それを1滴2滴ほど刃に垂らすだけです。

とても簡単ですね。