MENU

Mnemosyneの方眼ノート・ノートパッド&ホルダー(A4)が最高にオススメ!




スポンサードリンク


f:id:shibaccho:20181124195431j:plain

マルマンが出している「Mnemosyne(ニーモシネ)」というノートブランドを知っていますか?

その使いやすさとシンプルで上品なデザインから、ビジネスパーソンから高い支持を得ています。

ブラックを基調に金色のロゴが印字されているので、見た目も大人っぽくシックな雰囲気を醸し出しています。

今回はそのニーモシネの数ある商品の中から、イチオシの2つの商品を紹介したいと思います!

 

 

マルマン ニーモシネ 方眼ノート(A4)

f:id:shibaccho:20181124202300j:plain

2つ紹介するうち1つ目の商品が、こちらのスケッチブックのような形をした「マルマン ノート ニーモシネ A4 方眼罫」です。

サイズはA4・A5の2種類あり、紙のデザインも方眼・無地の2種類あります。

しかも紙の枚数が70枚と多いので、結構長持ちしてくれる印象があります。

 

ツインワイヤ綴じで扱い易い

f:id:shibaccho:20181124202323j:plain

紙を綴じている部分のワイヤーが二重になっていて、紙をめくったりするのがとてもスムーズ。

かつ、上の画像のように折りたたんで使用する時も、ガタガタしたりする事なくかなり書きやすい造りになっています。

これまでこういうタイプのノートは色々と試しましたが、確かに使いやすいんです、これが。

 

f:id:shibaccho:20181124202346j:plain

特殊な使い方の一例として、皆で意見を出し合う時に上画像のようにノートを広げて、向かい合う人同士でノートに書き込む事なんかもできちゃいます。

A4サイズだと、1人で使うにしてもノート上をダイナミックに使用できるので、アイデアとかが出しやすいですよ。

 

ボールペンも一緒に持ち運べる

f:id:shibaccho:20181124202424j:plain

ツインワイヤの部分にゆとりがあるので、そこにボールペンなりシャーペンなりを刺しておく事ができます。

おおかたのボールペン等であればここにフィットすると思いますが、太いサイズのペンとなると入らない可能性はありますが。

 

ミシン目で綺麗に切り取れA4サイズに

f:id:shibaccho:20181124202401j:plain

ノートにはミシン目がついています。

そのミシン目で切り取ると、ぴったりA4サイズの長方形の紙となります。

これをスキャンしてアプリに保存したり、他のA4書類とまとめて保管したりするのに便利ですね。

また、安物のミシン目が入ったノートを使っていると、別に切り取りたくない時にふとした力が加わって切り取ってしまう事とかありますよね?

ニーモシネの場合は、そんなに簡単にビリビリっと切れたりしない造りになっているので、そのストレスは全くありません。

もちろん、意図的に「よし切ろう」とした時は簡単に手で切り取れますよ!

シンプルなのに予想以上に便利で、ノートはこれさえカバンに突っ込めば安心OKというような商品です!

 

マルマン ニーモシネ ノートパッド&ホルダー(A4)

f:id:shibaccho:20181124200858j:plain

次に紹介するのが、ニーモシネの「マルマン ノートパッド&ホルダー&5ポケッツ ニーモシネ A4」という商品です。

この商品を一言で表すと「方眼ノートとファイルがセットになった高級感溢れる便利ノート」といった感じです!

サイズがA4・A5サイズの2種類あるので、自分の使用スタイルに合わせて選べます。

コンパクトに使いたい人はA5サイズの方がいいですし、ダイナミックに使いたい人は間違いなくA4サイズですね。

また、上で紹介した方眼ノートと同じく、ノートにはミシン目があるので、A4・A5サイズに切り取って使う事もできます。

 

1ポケットと5ポケッツの2種類

このノートパッド&ホルダーは、ファイルが1つのタイプと、ファイルが5つのタイプの2種類があります。

上のリンクが、A4サイズ・ファイルが1つのタイプの商品です。この詳細はリンク先で確認してみてください。

 

上のリンクが、A4サイズ・ファイルが5つのタイプです。

f:id:shibaccho:20181124200834j:plain

僕が愛用しているのも、こちらの5ポケッツの商品ですね。

これまで、ノートとファイルを別々で持ち歩いていた自分にとっては、それらをひとまとめにする事ができるようになったので、非常に重宝しています。

 

f:id:shibaccho:20181124200814j:plain

ファイル自体に切れ込みが入っているので、小さめのサイズの紙や、ビジネスシーンで頂いた名刺などを刺して入れておくこともできますね。

 

ノートパッドは取り替えが可能

f:id:shibaccho:20181124201058j:plain

ノートパッド」は単品で別売りもされているので、ノートを使い切った場合は、新しいノートパッドに切り替えることができます。

 

f:id:shibaccho:20181124201209j:plain

ノートパッドの最背面が厚紙になっているので、普段はその厚紙をホルダーに差し込んで使用します。

もちろんノートパッドだけを取り外して使用することもできるので、用途やシーンに合わせて自分の好きなように使えます。

 

ボールペンも一緒に持ち運べる

f:id:shibaccho:20181124201246j:plain

この商品にはボールペンは付属していませんが、ホルダー中心の隙間にボールペンを挟んで持ち運ぶことができます。

 

f:id:shibaccho:20181124201305j:plain

開発者が意図的にそうしたのかどうかはわかりませんが、丁度良い具合に収まってくれますね!

やはりノートを使うなら、ペンをセットで持ち運べるのはマストですね。

 

ゴムでホルダーをしっかり固定

f:id:shibaccho:20181124201506j:plain

ホルダーが不用意に開いてしまったりしないように、使用しない時はゴムでしっかりと固定する事ができます。

例えば、このゴムがなければ、風で煽られた時や落としてしまった時に、中の書類が散らばる可能性もありますよね。

このように、細かいところまで気配りされているニーモシネ、流石です。

 

あなたにおすすめのノートは?

f:id:shibaccho:20181124210311j:plain

最後に、それぞれのノートのポイントをおさらいします!

 

方眼ノート(A4)
  • 価格:約800円(A4)
  • スケッチブック型ノート
  • ノート機能のみ
  • ボールペン持ち運び可能
  • ノート切り離し可能

こちらをおすすめしたいのは、ファイル機能が必要ないという方!

ノートはノート機能だけでいいし、書く事に集中したいという方は、こちらのノートが断然適していると思います。

なぜなら、スケッチブック型なので書くときに1枚の紙に向き合っているような状態になるからです。

ちなみに、コンパクトなA5サイズなら価格もほぼ半額の450円ほどです!

 

ノートパッド&ホルダー(A4)
  • 価格:約1500円(A4)
  • 通常の縦型ノート
  • ノートだけでなくファイル機能あり
  • ファイルが1つか5つかを選べる
  • ノートパッドは取り外し可能
  • ボールペン持ち運び可能
  • ノート切り離し可能

資料を分類して保管したい方などは、ファイル機能がついているこのノートパッド&ホルダーが重宝すると思います!

値段は少し張りますが、ファィル自体の作りもかなり頑丈なので、長持ちするという点ではリーズナブルな価格だとは思います!

 

おわりに

今回はこちらの2つの商品について紹介しましたが、ニーモシネブランドには他にも様々なラインナップがあります。

ぜひ自分に一番適したノートを見つけてください!