読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

Google AdSense審査合格に必要なのは「愛情」だけ。




スポンサードリンク



この記事をシェアする

 どーも、マイルドヤンキーブロガーの

しばっちょ(@BACHO_malti)です。

この年末(2016年12月29日)にGoogleAdSenseの審査をパスし、Google神から無事広告を導入することが出来ました。祝

 

▼下のメールが届いた時は飲食店で飛び跳ねてました。

f:id:shibaccho:20161230183757j:image

 

今まで20回以上の審査を受けてきて、毎回4.5時間で落とされるという悲惨な結果でした。

(審査を受ける前に何か特別なことをした訳ではなく、「とりあえず何回でも申し込めるから申し込んでおこう」というテキトーな考えのもと、20回以上も審査を受けました。)

 

しかし今回は逆に、審査開始して5時間ほどで一次審査合格の通知がきました。今回も受かるために何か特別な事をした訳ではありません。

「あ、年末だし審査受けよーう」って感じで受けてみただけです(笑)

 

もうアドセンスは別にいいや、というヤケクソハナクソな気持ちでずっと放置していたので、めちゃ嬉しかったです。

 

「このポイントを抑えれば、審査に通りますよ!」という内容の記事はネット上に溢れかえっているので、今回はあまり書きません。

めんどくさいし(・0・)←

そういった情報が欲しい方は、ググったらいっぱいでてきますよ。

 

この記事には、ぼくのブログを題材に

「こんな事やっていても審査に通るぜ?問題なさそうだぜ!」

という内容を主に載せていきます。

今までネットに上がっていた情報の真偽を確認しつつ、どういった状態で審査に通ったのか見ていきます。

 

 

コンテンツには読者への「愛情」を

現状のGoogle神の審査基準はよくわかりません。

神ですからね、気まぐれなんですよ。(違う

2016年5月あたりから、審査をパスするのがグッと難しくなったという情報は頻繁に目にしましたが、どう難しくなったのか…。

ただ現時点で審査上一番重視しているのは、サイトや記事に「愛情がある」かどうか、だと思います。

 

「愛情がある」とは、

  • そのサイトを訪れた人の利便性が高い(使いやすい、見やすい
  • 記事を読んだ人に、何かしらの価値・情報を提供できる
  • 記事を読んだ人が何か考えさせられる内容になっている

 

こういった「愛情のある」サイトがGoogle神に評価されるのではないでしょうか。

つまり、自分の日常をつらつら綴った日記のような記事やサイトはあまり評価されません。

(ぼくのこのブログが愛情で溢れているかは疑問ですが。←

 

 記事の数は?

はっきり言って記事数は関係ない、と思います。

10記事で審査通っている人もいますし、ぼくのように90記事ほど書いてやっと審査に通った人も何人も目にしていますから。

ただ現状、3〜5記事ほどで審査をパスしている人は見かけたことがありません。

 

とにかくコンテンツに「愛情」を注ぐことを意識する事が先決です。

情報量豊富で具体的な記事を意識していきましょう!

 

 1記事の文字数は?

これもネット上には色々情報が溢れていますね。

最低600文字とか、1000文字は書こうとか。

これもぶっちゃけ関係ないのでは?と思います。

 

オピニオン系の記事を中心に発信している人であれば、1000文字程度という少ない文字数に重要なエッセンスを詰め込んで、逆にダラダラ長くなるのを防ぐという手法を取っている人もいます。

僕はまだまだ薄っぺらい未熟な人間なので、ガッツリしたオピニオン記事なんて書けません。(笑)

そのため自分が体験した事や製品のレビューなどを、最低でも1,500、最高で10,000文字、平均2,500~3,000文字ほどで書いています。

文字数なんて特に気にしないで、その記事を読んでくれる人を意識した丁寧な文章を書くべきだと思います。そうすれば勝手に文字数も付いてきますから。

 

 画像の有無やネットからの引用は?

ぼくは記事に画像使いまくってます。

例えば最近のこの記事とか。

ドッペルギャンガーの安くて最高にカッコイイ折りたたみ自転車を紹介する!

 

「審査に通らないから画像全部抜こう」なんて考えてる人!

そんなことする必要ないですよ!

(ぼくも数か月前、記事の画像全て抜きましたが、審査落ちました。

 

ただ画像を使う上で一番気を付けていた事は、『著作権』問題

ネットで画像検索して、その画像をそのまま引用先も記さずに使っている人ってまだまだ大量にいますよね。

ダメです。

 

ぼくの場合、自分で撮った写真か、どうしても欲しい場合だけフリー素材サイトから取ってきています。

「ネットで検索して出てきた画像を使う」というのも極稀にしますが、その際はなにかしらの公式サイトや信用度の高そうなサイトからしか引用しません。

 

他人のブログにある画像を引用したりするのは避けています。その人もどこかから引用していて、それが既に著作権を侵害している可能性もありますから。

 

 シェアボタン・フォローボタンの有無

シェアボタンやフォローボタンは、ブログの上下に設置したまま審査に合格しました。

わざわざAdSenseの審査を受ける為に取り去る必要はないようです。

むしろこれらも、読者の利便性を高める効果があるのでは?とさえ思っています。

はてなブログなら「はてなスター」なんてありますが、あれも別に非表示にする必要はありません。

 

 Amazon・楽天・その他アフィリエイトリンクの有無

「Google AdSenseの審査を受ける場合、他の広告やアフィリエイトリンクがあれば“絶対に”落とされる」

はい、これウソです。

 

以前からぼくの記事にもアフィリエイトリンクはいっぱい差し込んでますが受かりました。

直近のこの記事なんかはがっつりアフィ記事ですからね。

 ➡誕生日・記念日に!男性が絶対喜ぶおすすめプレゼント16選

 

わざわざ審査の際に抜き去る必要はありません。もちろんこれがオッケーな訳ですから、外部リンク・内部リンクなんかも全然貼っちゃってオッケーです。 

 

 プロフィール、お問い合わせ欄は?

これも必要ありません。

僕自身は以前に設置していたので、設置した状態で審査に通りました。

 

が、プロフィール欄もお問い合わせ欄も、両方設置しないで審査に通っている人がいます。(2016年11月に)

 

だいたい、プロフィール欄があるからといってその人の信用度が増しますか?

実際「増すような気がする」だけじゃないですか?

 

「こんな風に自己紹介もして、メールアドレスも公開して、さらにネット上に顔も出しているから、信用できる!」

というのは、なんとなくそう思うだけの事。

別にプロフィールなんて何書いても嘘か本当かわかりませんからね。

 

 審査をパスした際の僕のブログ情報まとめ

 

ブログ開設7か月目

月間PV25,000ほど

記事総数92

記事内平均文字数2,500~3,000くらい

画像たっぷり使用

Amazonなどのアフィリエイトリンクも適度に使用

シェアボタンやフォローボタンも設置したまま

プロフィール欄、お問い合わせ欄は設置済み

更新頻度はテキトー(審査に合格した12月は3記事しか書いてません

NGワード(公序良俗に反するもの、アダルト系の表現、反社会的な内容など)には気を付けていました

あと「愛情」を注いで記事を書いてきました。←

 

この記事も愛情で溢れていたでしょう?(そうか?