MENU

超おすすめポータブル充電器「Anker PowerCore+ 20100(USB-C対応)」が最強!




スポンサードリンク


 

ばっちょ
ばっちょ

今回紹介するのは、Anker社の「Power Core+ 20100」という優れもの。

ばっちょ
ばっちょ

ポータブル充電器をずっと探していた自分にとって、非の打ち所がない最強の製品でした!

※この記事で紹介している製品は、新しいタイプが出ています(PowerCore Speed)。

※しかも、値段は一緒でクオリティが上がり、急速充電器まで付いているので、そちらのリンクを貼っておきます!

 

 

Anker PowerCore+ 20100の外観

ばっちょ
ばっちょ

まずは外観をチェックしていきます!

f:id:shibaccho:20180520145617j:plain

自分はAmazonで購入しました。Aanker社のロゴ入りの、しっかりとした箱に丁寧に梱包されて送られてきました。

 

f:id:shibaccho:20180520150010j:plain

中に入っているのは

  • 本体
  • 取扱説明書
  • ポーチ
  • USBケーブル3本(USBtypeC-typeC、USBtypeA-typeC、USBtypeA-microUSBtypeB)

 

f:id:shibaccho:20180520150107j:plain

実際に使うのはこれらですね。

 

f:id:shibaccho:20180520150647j:plain

USBケーブルは3種類あるので、一般的な端末にはほとんど対応できると思います。

 

f:id:shibaccho:20180520150807j:plain

こちらがUSBポートですね。USBtypeAポートが2つ、typeCポートが1つです。

 

f:id:shibaccho:20180520150848j:plain

本体の上部に丸い電源ボタンがあります。ボタンの縁にはLEDライトが配置されていて、このライトの数が充電残量を示してくれます。

ボタンを押してしばらくすると勝手に消えてくれます。

 

f:id:shibaccho:20180520150930j:plain

大きさも気になると思いますが、大容量ゆえに大きいですね。長さは18.6cmあります。

 

f:id:shibaccho:20180520151049j:plain

ちょうどMacBookの縦幅くらいありますね。大きい(笑)

 

f:id:shibaccho:20180520151634j:plain

付属のポーチはメッシュ生地になっていて、熱が中から外に逃げるように配慮されています。

本体とケーブル3つ、全て入れる事ができます。 

 

Anker PowerCore+ 20100の基本概要

f:id:shibaccho:20180520151007j:plain

次に基本情報を表にしてみました。

PowerCore+ 20100 基本情報
寸法 6.2×18.6×2.4cm
重さ 454g
カラー ブラック
満充電 8時間
USBポート 3つ
保証期間 18ヶ月

 

そして最新の製品は、スペックが更に上がってます!

より良くなった部分を赤字にしてあります。

PowerCore Speed 20000 基本情報
寸法 6.2×16.8×2.2cm
重さ 360g
カラー ブラック
満充電 4時間
USBポート 3つ
保証期間 18ヶ月
付属品 急速充電器

重さも軽くなっていますし、充電時間が4時間と、半分にまで短縮されていますね。

急速充電器が付いてくるのは本当に羨ましいです…(笑)

 

Anker PowerCore+ 20100の特徴・長所

ばっちょ
ばっちょ

改めて、当製品の優れたポイントを紹介していきます!

3つあるので、それぞれ簡単に紹介していきます。

 

20100mAhの大容量

公式サイトやAmazonでは「iPhone8を約7回フル充電できる」と紹介されています。

自分がこれまで使ってきた実感としては、「確かにその通りだな」といった具合です。

しかも毎回0→100まで充電する訳ではないので、iPhoneなら8・9回くらいは充電できそうです。

容量が20100mAhというのは、世に出回っている数多のポータブル充電器の中でもトップクラス。(26800mAhも存在しますが

この製品を持ち歩いていれば、丸1日外出していても充電のことで心配する必要がなくなりました。

出先でiPhoneやMacBookを頻繁に使う人には、本当に心強い味方になってくれると思います、僕が保証します!

 

USB-typeCに対応している

iPhoneやiPad、アンドロイドだけでなく『USB-typeC』に対応しているのでMacBookに使用できるのが本当にありがたい。

これまでは、typeCポートに対応しているのが全然出回ってなかったので、MacBookユーザーには非常に嬉しい製品ですね。

ちなみに自分が使っているのはMacBookProには対応していませんが、最新の製品はProにも対応しているとの事です。(Amazon参照

 

3台同時に充電できる

USBポートがtypeCも含めて3つあるので、3台まで同時に充電できます。

「そんなに必要ない」と思うかもしれません。僕もそう思っていました.

でも、案外重宝します。

僕の場合、外出先でiPhoneやMacBookなどを同時並行で使用している事が多く、端末の充電が同時に減っていくんですよね。

そんな時に、iPhoneとMacBookとiPadを同時に充電したりします。

あと友人に1枠貸してあげたりもするので、ポートは多いに越したことはないと思いますね。

 

Anker PowerCore+ 20100の気になる点

1つだけ気になる点は、454gという重さくらいですね。500mlのペットボトルくらいです。

僕は特に重いとは思いませんが、人によっては持ち歩くのにちょっと抵抗があるかもしれません。

外出先で充電場所を探し回る手間と、バッグが少し重たくなるデメリットを考慮して、どちらを取るかはあなた次第。

僕なら、充電が常になくならない安心感&便利さを優先しますね。

※最新のものは360gなので、かなり軽くなっていますよ!

 

持ち運び例

f:id:shibaccho:20180520152756j:plain

僕はペンケースと小物入れを一緒にして、その中にこの充電器も一緒に入れていつも持ち歩いています。

付属のメッシュポーチが少し不便だと感じたので僕は使っていません。

この「リヒトラブ」というペンケースが完璧すぎる大きさで、かなり便利です。Anker PowerCore+がピッタリ収まってくれます。

ケーブルもこのペンケースの反対側に収納しています。

 

こんな人にはおすすめ

  • 外出先で頻繁にスマホやPCを使う人
  • 特に「MacBook」ユーザー
  • 充電の心配をするのが面倒な人
  • 大容量のポータブル充電器が欲しい人
  • 保証期間の長い製品が良い人

 

自分に合った充電器を選ぼう

端末を自分がどの程度使うのか、よく考えて充電器を選ぶのがベストです。

また、他にも色んな企業が充電器を出していますが、保証やスペックなど総合的に考慮するとAnker社は個人的におすすめです。

 

こちらは、当記事で紹介した製品の更に上位モデル。26800mAhという超大容量です。

これを持っていれば、もはや怖いもの無しですね。

 

こちらは、逆に下位モデル。容量は10000mAhなので、当記事で紹介した製品の半分です。

充電可能回数も単純に半分になります。また、USB-typeCなどにも対応していませんし、USBポートも1つしかないタイプです。

 

こちらは、ポータブル充電器でありながら、プラグが付いているのでコンセントに刺しても使えるようになっています。

容量は5000mAhと少なくなりますが、USBポートも2つあり、便利だとは思います。