MENU

詳細レビュー|ASUSフレームレスモニター23インチVZ239HR


おすすめ記事pick up!



スポンサードリンク


ばっちょ
ばっちょ

どーも、ばっちょ(@BACHO_malti)です!

ばっちょ
ばっちょ

amazonで以前から目をつけていた「ASUSフレームレスモニター23インチVZ239HR」をAmazonのタイムセールで発見!!!

f:id:shibaccho:20171205162418j:plain

13980円➡︎11980円と、2000円安くなっていたので即買いしました。

これで、前から憧れていたデュアルディスプレイでの作業環境が完成しました!

 

使用感もかなり良い感じなので、詳細レビュー書いていきます!

実際に購入したモニターは以下のものになります。

 

 

「ASUSフレームレスモニター23インチVZ239HR」の概要

VZ239HRの基本情報

まずは、この製品の基本的な情報から確認していきましょう。

モニターを購入する際には画面サイズや全体の寸法、入力端子やスピーカーの有無などをしっかりと確認しておく必要があります!

製品仕様
ASUSフレームレスモニター23インチVZ239HR
ブランド ASUSTek
重量 2.7kg
寸法(幅×高×奥行) 53.1×38.7×21.1cm
画面サイズ 23インチ
解像度 1920×1080(フルHD)
画面 ノングレア、LEDバックライト
スピーかー 内臓(1.5W+1.5W ステレオ)
応答速度 5ms
電池 リチウムイオン電池2つ内臓
入力端子 HDMI、D-sub15ピン、3.5mmミニステレオジャック

 

VZ239HRの付属品

  • D-sub15ピンケーブル
  • オーディオケーブル
  • 電源アダプタ・電源ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証書

【注意】HDMIケーブルがないので、別で購入する必要があります!

ちなみに、Amazonなら500円ほど購入できるので一緒に買っておくのが楽でいいですね!

家電量販店などでは1000円近くする場合が多いので、Amazonさんは流石です。

f:id:shibaccho:20171205164241j:plain

僕もAmazonでこれを買いました!(写真のケーブルの長さは0.9m)

 

VZ239HRの特徴

このモニターの主な特徴は以下です。

  • フレームレスでマルチディスプレイに最適
  • 画面の薄さが7mmのウルトラスリムタイプ
  • IPSパネル採用でどこから見てもキレイ
  • ブルーライト軽減機能あり
  • フリッカーフリーで目に優しい

フレームレスのため、ディスプレイを複数並べて使う場合は、画面と画面のつなぎ目が目立たないので作業やゲームがしやすくなります!

あとはフルHDなので動画や映画もキレイに写すことができますね。

 

ASUSモニターVZ239HRの外観

それでは、実際の製品を写真付きで見ていきましょう。製品を開封するところから順番に確認していきますね!

個人的には「梱包がしっかりされているかどうか」というのは、今後その企業・ブランドの製品を買うかどうかに大きく関わってきます。(笑)

 

f:id:shibaccho:20171205161322j:plain

届いたのがこちら。かなりしっかりとした頑丈な箱に梱包されています。

 

f:id:shibaccho:20171205161456j:plain

中は2段構造になっていて、上部にはこのように付属品や説明書が入っていました。

2段階構造なので、床に近いところでゆっくりと出すことをおすすめします。

 

f:id:shibaccho:20171205161744j:plain

そして下部にはモニター本体が丁寧に収まっていました。

ASUSさんの梱包からは、かなり丁寧さがうかがえて好印象でした!

 

f:id:shibaccho:20171205161929j:plain

そしてこれが、ASUSのフレームレスモニター23インチVZ239HRです!

 

f:id:shibaccho:20171205163648j:plain

見た目はいたってシンプルで無駄がありません。

最近人気のフレームレスモデルなので、画面の端もフラットで綺麗ですね!

 

f:id:shibaccho:20171205163805j:plain

画面はノングレアなので、光が反射しないのもかなり良さげです。

 

f:id:shibaccho:20171205164652j:plain

画面に向かって右下に、操作ボタンが7つ付いています。ここで画面の明るさを調整したり、様々な設定をすることができるようです。

設定と言っても、初期状態から特に何も設定しなくても普通に使えますよ。こだわりのある人はイジればいいんじゃな位でしょうか。

 

f:id:shibaccho:20171205162045j:plain

背面にはASUSブランドの文字。写真の通り、背面から向かって右下に入力端子があります。

 

f:id:shibaccho:20171205163621j:plain

入力端子部分を拡大するとこんな感じです。

一応ここで、それぞれの入力端子の用途をサラッと確認しておきますね!

  • HDMI:デジタル信号を送信できる現代主流の接続方法ですね。
  • VGA:「D-sub」とも呼ばれたりします。これはアナログ信号を送信できる、いわば古いタイプの接続方法です。
  • AUX:スピーカーを繋いだりする時に使います。

HDMI接続とVGA接続、どちらが良いのかと言えばHDMIの方が圧倒的に高性能(解像度とかが違う)です。

デュアルディスプレイやゲームのモニターとして使うならHDMI接続にしておきましょう。

 

f:id:shibaccho:20171205163904j:plain

これが付属品で、左からD-subピン15ケーブル、オーディオケーブル、ACアダプタですね。

上にも書きましたが「HDMIケーブル」は付属してないので別途購入しましょう!

 

f:id:shibaccho:20171205171102j:plain

次に、こちらがモニターの首部分。この真ん中の、穴が開いた部分がネジ穴になります。

 

f:id:shibaccho:20171205171505j:plain

これがモニターを支える脚、円形になっています。

画面中央に銀色のネジが確認できるかと思いますが、これを先ほどの穴に入れて固定します。

指でつまめる部分があるので、ドライバーなどの工具がなくても問題ありません!

 

f:id:shibaccho:20171205172122j:plain

取り付けるとこんな感じに。首の角度を調整する時は、結構力が必要でした。

さて、これでモニターが完成しましたので、実際にMacBookに繋いでみます!

 

モニターとMacBookの接続方法

モニターってどうやってPCと接続するんや?

ヤン兄
ヤン兄

なんか複雑な手順とか必要なんか?

ヤン兄
ヤン兄
ばっちょ
ばっちょ

いえ!複雑な手順とかは全くありません!

びっくりするくらい簡単ですよ(笑)

ばっちょ
ばっちょ

具体的に説明していきますね!

f:id:shibaccho:20171205172144j:plain

  1. ACアダプタをコンセントとモニター裏(右矢印)に繋ぎます。
  2. HDMIケーブルを、接続したいPCとモニター裏(左矢印)に繋ぎます。
  3. 最後に、モニター画面に向かって右下にある7つのボタンの、一番右の電源ボタンを押すだけ!

 

f:id:shibaccho:20171205173045j:plain

ちなみに僕のように「MacBook」を使っている人は、USB-typeC端子しかないのでHDMI端子がついたハブ(変換器)を別で用意しておく必要があります。

僕が使っているハブは総合的に優秀なSatechiさんの製品です。

おすすめのハブを知りたい人は「おすすめUSB type-C用変換ハブまとめ&他おすすめアクセサリ!」をどうぞ。

 

f:id:shibaccho:20171205175724j:plain

たったのこれだけの手順で、デュアルモニター環境ができてしまいます!

あとは、モニターに写したいタブをPCの方からドラッグするだけです。簡単ですね!

ばっちょ
ばっちょ

ちなみにモニターをデュアルディスプレイとしてではなく、モニターにPC画面と同じ画面を写すには次の手順を踏みます。

Macなら「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」と進むと、「⬜︎ディスプレイをミラーリング」という項目があるので、ここにチェックを入れます。

デュアルディスプレイとして使用する場合は、当然チェックは外しておきましょう!

Windowsなどもディスプレイの設定のような場所があると思うので、調べてみてください。

 

おわりに

実際に作業環境・作業効率がどのように変化したのかは、後日記事にアップします!

かなり良い感じ!ということだけ、ここではお伝えしておきます(笑)